test

デジタルサイネージ「AcroSign®

導入事例

様々な業種や利用シーンでの導入事例をご紹介します。

お客様の届けたい、かなえたいにお応えして


パナソニックのデジタルサイネージ「AcroSign®」をご活用いただいているお客様の導入事例。駅、自治体、店舗、屋外など様々な業種や利用シーンでの導入効果ご紹介します。

交通 - 空港

日本航空株式会社 様

日本航空株式会社 様

羽田空港の国内線ターミナル内に、76台の液晶ディスプレイを活用したデジタルサイネージシステムを導入。朝5時から運航が終了する夜中22時半まで、離発着時刻などの様々な案内表示を365日休みなく稼働させています。ディスプレイの表示は、スタッフ一人ひとりがPCやタブレット端末からいつでも切り替えが可能。様々な状況に応じた情報発信で、お客様のスムーズな移動を実現しています。

詳細はこちら


北海道エアポート株式会社様 新千歳空港ターミナルビル

北海道エアポート株式会社 様 新千歳空港ターミナルビル

国内線と国際線の広い空港内に、100台を超えるデジタルサイネージを導入。タッチパネル式で目的とする情報を効率的に取得することができ、空港利用客へのサービス向上に貢献しています。また、配信用の広告や館内情報など多種多様なコンテンツを一元管理することで、大幅な業務の効率化にもつなげています。

詳細はこちら


成田国際空港株式会社 様

成田国際空港株式会社 様

日本に降り立った外国人旅客が最初に歩く第1・第2ターミナルの到着コンコース上全9ヵ所で、訪日歓迎ムードを高める大規模な空間演出を導入。空港ならではの大空間を活かし、プロジェクターを最大6台使用した迫力の大画面投写が日本観光に対する期待感を高めています。

詳細はこちら


福岡国際空港株式会社 様

福岡国際空港株式会社 様

年間の旅客数が国内第4位(平成29年度)の福岡空港では旅客ターミナルの新設にともない、施設内各所にデジタルサイネージによる大型広告サインを導入。出発口の新たなシンボルとなっているマルチスクリーンからは、鮮やかな大型映像が映し出され、また、国際線ターミナルの入口に設けられたサイネージからは、施設案内や観光情報など多彩な情報を提供。折々の広告や情報の的確な提供を、分かりやすいAcroSignの操作性や、ワンストップの保守サービスが支えています。

詳細はこちら

交通 - 駅

JR熊本シティ様 アミュプラザくまもと

株式会社JR熊本シティ 様 アミュプラザくまもと

2021年4月に開業した「アミュプラザくまもと」の館内のほか、駅構内、半屋外などに155台の液晶ディスプレイを導入。案内サインも一括運用するデジタルサイネージでお客様の“欲しい”が見つかる情報を発信しています。

詳細はこちら


東急株式会社様 田園都市線・半蔵門線渋谷駅

東急株式会社 様 田園都市線・半蔵門線渋谷駅

東京と神奈川を結ぶ路線の主要駅に「TOKYU OOH」ブランドで交通広告を展開。複数の路線が乗り入れる渋谷駅には、広告配信用のサイネージが各所に導入され、日々の広告配信のスケジュール管理をAcroSignで行っています。

詳細はこちら


株式会社JR 博多シティ 様

株式会社JR博多シティ 様

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業に合わせて再開発された駅ビルには、百貨店を核に約400ものテナントが入居。その広告・販促情報や施設・周辺案内をAcroSignが支えています。更新頻度の高い多くの情報を的確に発信することで、集客や回遊性の向上につなげています。

詳細はこちら


東京急行電鉄株式会社様 武蔵小杉駅

東京急行電鉄株式会社 様 武蔵小杉駅

周辺人口の増加から乗降客が急増している武蔵小杉駅に、12面大型デジタルサイネージとLinkRayシステム(光ID技術)を導入。運行情報や天気予報、地域・沿線の暮らしに役立つ情報をはじめ、地元Jリーグクラブ「川崎フロンターレ」の選手からのメッセージを動画で放映するなど、地域に密着した情報発信でまち全体を盛り上げています。また、LinkRayシステムを活用することで、武蔵小杉駅から目的地までの道案内情報をスマホに取得することができ、利用客の利便性向上を図っています。

詳細はこちら


神奈川中央交通株式会社 様

神奈川中央交通株式会社 様

発着系統の多い鉄道駅やバスターミナルを中心に、バス運行情報案内表示機として11台のデジタルサイネージシステムを導入。同社ロケーションシステムと連携することで到着予定時刻や遅延情報をリアルタイムで案内。また、日差しが強い屋外でも鮮明に運行状況を表示するなどバス待ち環境の向上にも役立てられています。駅構内では、改札からバス乗場までの動線上にサイネージを設置することで、乗場までのスムーズな移動、乗換案内につなげています。

詳細はこちら

官公庁・自治体

国分寺市様

国分寺市 様

国分寺駅の北口駅前広場にデジタルサイネージを導入。駅周辺の観光案内やバスの時刻表示に加え、災害発生時(震度6弱以上の地震)には、市内の避難所や給水場所の開設状況などの、災害、避難情報を迅速に伝達する役割も担います。また、サイネージの筐体に内蔵されたVieureka IoTカメラでサイネージ閲覧者の数や性別、滞留時間などのデータを取得。蓄積されたデータは将来の情報発信に活かされることが期待されています。

詳細はこちら


静岡県袋井市役所様

静岡県袋井市役所 様

2019年のラグビーワールドカップの開催地となった袋井市のJR愛野駅に大型デジタルサイネージを導入。ワールドカップの開催当時はウエルカムメッセージや観光情報などのPR動画が放映され、現在も引き続き地元の多彩な魅力を伝えています。平日と休日で異なる同駅の利用客に合わせて配信するコンテンツを変更するなど、ターゲットを絞ったフレキシブルな情報発信を実現しています。

詳細はこちら


宮城県 東松島市様

宮城県 東松島市 様

2011年の東日本大震災で、大きな津波の被害を受けた東松島市様では復興に向けた取り組みのひとつとして、市内のICT基盤の整備事業を実施。市民センターを中心に無線ネットワークで接続するとともに、無線LANアクセスポイントを各所に整備しました。市役所や市内各所の市民センターにデジタルサイネージを導入し、市のお知らせやイベント情報、支援情報などを配信して地域住民の暮らしを支えています。

詳細はこちら


公益財団法人 東京観光財団 様

公益財団法人 東京観光財団 様

近年増加している外国人観光客に対する“おもてなし”の充実に、高機能型観光案内標識となるデジタルサイネージを採用。都内40ヵ所の街頭などに設置され、多言語による東京観光案内を提供しています。街並みに溶け込むスマートな筐体からは、タッチパネルでの直感的な操作で東京の最新の情報を知ることができます。さらに、NFCやQRコードを使って、スマートフォンに情報を転送することができます。また、災害時にはNHK放送や、多言語による安心・安全に関する情報を届けます。

詳細はこちら

外食店舗

ドトールコーヒーショップ EneJet 館林店 様

ドトールコーヒーショップ EneJet 館林店 様

ガソリンスタンドに併設されたセルフカフェに、タッチ式デジタルサイネージによるドライブスルーオーダーシステムを導入。車で訪れたお客様は、乗車したまま画面に映し出されたメニューから希望の商品をタッチして注文することができます。

詳細はこちら

流通・小売店舗

AEON MALL Vietnam 様

AEON MALL Vietnam 様

ベトナムの大都市近郊にドミナント展開を行っているイオンモール様。地域における優位性を高めるとともに、丁寧な接客、日本文化の発信、環境への配慮など、商業施設としての新たな価値を打ち出し、地域の皆さまから高い評価を得られています。国内6号店目となるイオンモール ハイフォンレチャンの店内各所にデジタルサイネージを導入し、イベントやキャンペーンなどのお知らせ情報を発信しています。コンテンツの配信は、効果的・安定的に運用できるオンプレミス型AcroSignをご活用いただいております。

展示・文化・スポーツ

独立行政法人日本スポーツ振興センター「国立競技場」 様

独立行政法人 日本スポーツ振興センター「国立競技場」 様

新しい国立競技場の観戦エリアに国内のスタジアムでは最多となる約600台のデジタルサイネージシステムを納入。広大な競技場内のエリアごとに表示内容を遠隔制御で切り替えることができるため、情報の提供を的確かつ効率的に行うことができます。

※2020年1月7日現在、パナソニック調べ。

詳細はこちら


公益財団法人 日本オリンピック委員会 「日本オリンピックミュージアム」 様

公益財団法人 日本オリンピック委員会「日本オリンピックミュージアム」 様

オリンピック・ムーブメントを伝える施設に、4Kプロジェクター2台によるオリンピックシアターなどの各種映像展示に導入されています。

詳細はこちら


千葉ロッテマリーンズ様

千葉ロッテマリーンズ 様

専用球場であるZOZOマリンスタジアムのチケット売り場に24台のモニターを活用したデジタルサイネージを導入。来場者に当日及び2ヵ月先までのチケット販売状況を解りやすく掲示することで、スムーズな窓口業務を実現しています。

詳細はこちら


株式会社東京ビッグサイト 様

株式会社東京ビッグサイト 様

国際的な展示会や会議などが多数開催される東京都の展示会施設に、多言語対応が可能なデジタルサイネージを導入。施設内のお店、催事から交通や周辺地図、観光まで、幅広い情報を提供しています。さらに、お客様のスマートフォンを利用したパナソニックの光ID技術「LinkRay」により、ユーザーに応じた5ヵ国語以上の多言語で、国際的なイベント施設にふさわしい情報発信を実現しています。

詳細はこちら


公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館様

公益財団法人 東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館 様

2015年の大規模リニューアルにあたり、広い館内の案内システムとしてデジタルサイネージを導入。従来、紙の印刷物で賄われることの多かった案内板のデジタル化が進められました。

詳細はこちら

教育

東京国際大学 様

東京国際大学 様

第1キャンパス図書館前、学生が行き交う広場(屋外)に設置。建学の精神「公徳心を体した真の国際人の養成」の涵養のため、日本文化研究所がさまざまな文化の紹介やイベント、美術館・博物館などの情報を発信。また、図書館からは利用案内を行っています。


帝塚山学院大学 様

帝塚山学院大学 様

キャンパス(本館内)にデジタルサイネージシステムをご導入いただきました。事務局各課からのお知らせや新型コロナウイルス感染症防止啓発、各種イベントの案内などのコンテンツを55インチ液晶ディスプレイ 3台に表示し、学生に向けたインフォメーションボードとしてご活用いただいています。運用はサイネージクラウドサービスをご利用いただいています。


東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 様

東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 様

従来の枠にとらわれない新たな教養教育に向けた象徴として、サイズの異なるディスプレイを並べた、風車のような形をしたマルチディスプレイ型サイネージシステムを施設ロビーに導入。学生をはじめ、施設を訪れた人々の目を引くディスプレイからは、学生向け情報の配信に加え、折々の構内映像なども映し出され、同院のシンボルの一つとなっています。

詳細はこちら


企業

パナソニック株式会社 くらしアプライアンス社

パナソニック株式会社 くらしアプライアンス社

リモート案内サービスやデータ分析システム、タッチ式デジタルサイネージAcroSignを活用し、次世代型リサイクルステーションを構築。廃棄物の“見える化”により社員の意識改革と施設管理者の働き方改革を実現しています。

詳細はこちら


株式会社秋田放送様

株式会社秋田放送 様

2020年4月にJR秋田駅前に移転された新社屋のエントランスに9面マルチディスプレイのデジタルサイネージを導入。大画面のディスプレイにはテレビ放送やイベント情報、市内各所に設置された情報カメラの映像などが表示され、放送局ならではの空間演出を実現しています。

詳細はこちら


各導入事例の詳細については、パナソニック コネクトサイトの「導入事例」ご覧いただけます。導入事例によっては、他のシステムと合わせて紹介している場合があります。

パナソニック コネクトサイト「導入事例」

デジタルサイネージに関するお問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品、価格に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
※ガイダンスの「7」番を押してください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)

※ AcroSignおよびAcroSignロゴは、パナソニック ホールディングス株式会社の登録商標です。
※ その他、記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
※ サービス・製品改良などに伴い、仕様、外観などは、予告なく変更される場合があります。
※ 画像やイラストは内容や効果を説明するためのイメージです。