健康経営宣言

私たちは、一人ひとりの成功・働きがいの実現を目指し、心身ともに健康で、いきいきと働ける環境の構築と、お客様の現場に「安全」「健康」「幸福」をもたらす健康経営の実現に向けて取り組みます。


健康経営方針

  • 一人ひとりの心身の健康を、働く環境、制度、組織の役割、地域社会との協調等の視点も重視し、働く人のエンゲージメントの向上と社会への貢献を推進します。
  • 一人ひとりの「安全・安心と健康」を基盤に、その家族も「安全・安心」「健康」「幸福」であることを目指します。
  • サプライチェーンを含むすべてのお客様に「心身の健康と幸福」を提供し、より良い世界を創る環境を構築します。

推進体制

代表取締役社長と経営会議を推進TOPとし人事総務本部に健康経営推進室を置きます。
健康保険組合、全国健康管理室、産業医との強い連携と共に、働き方改革、DEI推進のスピードと質を高め、社員のエンゲージメント向上を実現するために、衆知を集める体制で取り組みます。


推進体制図

2022年度 重点取り組み

  1. 生活習慣病ほか各種疾病予防と健康推進
  2. メンタルヘルスケアの推進
  3. 快適な職場づくりと、職場コミュニケーションの活性化
  4. ワークライフバランスの推進
  5. 健康意識(ヘルスリテラシー)の向上

健康投資

健康投資図

主な取り組み

定期健康診断結果および問診データの活用と対策実施

当社では、2018年度~2021年度まで連続して定期健康診断受診率100%を達成しています。健康診断結果に基づいた生活習慣の改善を促すとともに、従業員自らが健康に関心をもち、ヘルスリテラシー向上につながる活動を推進しています。経営陣は、経営会議などで、産業医・健康保険組合等からの健康課題についての解説・提言をうけ、従業員がいきいきと働ける環境づくり、各種施策のスピーディな実行、従業員への発信を行っています。


定期健康診断問診票より 適正習慣数

2018年 2019年 2020年 2021年
適切な食事習慣がある 38.8% 38.6% 42.5% 集計中
運動習慣がある 35.8% 37.7% 33.5% 集計中
睡眠で十分な休養が取れている 56.2% 56.5% 63.2% 集計中
飲酒の頻度・量は適切である 90.3% 90.4% 91.0% 集計中
非喫煙者 71.6% 73.1% 74.3% 集計中

定期健康診断の問診データより(2018年度~2020年度)


適切な食事習慣がある

適切な食事習慣がある

運動習慣がある

運動習慣がある

※2021年度は集計中


適正な生活習慣と健康・パフォーマンス

睡眠、運動、食事、飲酒、禁煙の5つの適正な生活習慣をあわせ持つ社員ほど、肥満割合が低く、仕事のパフォーマンス(自己評価)が高いことがわかりました。
※5つの適正習慣を持つ数を適正習慣数:0~5(5が最良)として分析。仕事のパフォーマンスは過去1年の心身の状態による自己評価:0(最悪)~10(最良)として集計・分析。

今後、就業年齢の上昇にともない健康リスクを有する社員が増加することが見込まれます。健康経営の取り組みを通じて、適正な生活習慣を保つ社員を増やし、健康でいきいき働ける環境づくりを目指します。

健康経営パフォーマンス

健康増進・生活習慣病予防対策

  • 定期健康診断時、年齢にかかわらず、血液検査、心電図検査等検査項目追加。
  • 定期健康診断前後に、肥満・肥満予備軍等への保健指導の強化。
  • 禁煙指導・労使共催「禁煙セミナー」実施
  • 職場・事業場でのインフルエンザ予防接種実施(希望者)
  • インフルエンザ等、予防接種費用補助(カフェテリアプラン)
  • 社員食堂や提携弁当にヘルシーメニュー追加
健康増進・生活習慣病予防対策

運動習慣の定着促進

  • ウオークラリー実施
  • 健康パナソニックエクササイズ、全国推進
    • オンラインセミナー開催
    • 職場や自宅で継続できる動画提供
  • ヘルスアップチャレンジ
    • 健康づくりを始めたい時に自分の健康課題にあった目標でエントリー。
      14日・30日・90日・180日とチャレンジ達成ごとにポイント付与し、健康づくりの習慣化を促進。
運動習慣の定着促進

働く環境の整備(働き方改革・ワークライフバランス)

  • 労働時間の適正化・勤務時間削減。
    • フレックスタイム制度
    • 勤務間インターバル
    • 原則20時退社(全事業場で実施)
    • 有給休暇取得推進
  • オフィス改革
    • 全国フリーアドレスオフィス整備
    • サテライトオフィス開設
    • テレワーク推奨・環境整備
    • ドレスコード廃止
  • 働きがい、チャレンジする機会の創出
    • ジョブチャレンジ制度
    • 社内副業制度
    • 男性育児休業取得 100%推進
    • ファミリーサポート休暇の充実(家族の介護・看護 子の学校行事への参加・不妊治療などにも取得可)

ヘルスリテラシーの向上・健康管理ツールの活用

  • 全国安全衛生委員会において、健康課題の産業医研修を実施
  • 「日本健康マスター検定」受講推奨、受験料の補助
  • 自らの健康に向き合う 健康WEBサービスの提供
    • 健康診断結果等の過去データの確認、健康関連のeラーニングの実施  

会社・健康保険組合・労働組合の三位一体となった健康増進活動の展開


会社・健康保険組合・労働組合 三位一体で健康経営に取り組みます

「健康パナソニック」活動の経過(2001年度〜2023年度)


「健康パナソニック」活動の経過

健康経営優良法人2022 大規模法人部門(ホワイト500)認定取得

健康経営優良法人2022(ホワイト500)認定

健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省および日本健康会議が共同で優良な健康経営を実践している法人を認定する制度です。

当社は2022年3月9日「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」において2年連続『ホワイト500』の認定を取得いたしました。