自動追尾ソフトウェア
自動追尾ソフトウェア
リモートカメラシステム AW-SF100G/SF200G/SF202G/SF203G

自動追尾ソフトウェアキー

【90日間無料トライアル実施中】
AW-SF100G [スタンドアローン版・ウェブアプリケーション版]
本体希望小売価格 180,000円(税抜)
AW-SF200G [サーバー版]
本体希望小売価格 250,000円(税抜)
AW-SF202G [2ライセンス追加版]
本体希望小売価格 430,000円 (税抜)
AW-SF203G [3ライセンス追加版]
本体希望小売価格 500,000円 (税抜)

自動追尾ソフトウェアキーの画像

AW-SF100G/SF200G/SF202G/SF203G

  • AW-SF100G / AW-SF200G / AW-SF202G / AW-SF203G

主な機能

  • “顔認証”+“ディープラーニングによる人体検出”で高精度な自動追尾を実現

  • 簡単操作・簡単設置

  • より高度な自動追尾を実現する様々な機能

  • 選べる2つのソフトウェア

  • 90日間無料トライアルが可能

顔認証と人体検出で高精度な追尾、スムーズコントロールで滑らかな撮影を実現。

※ご使用には、ソフトウェアのバージョンアップが必要になる場合があります。また、お使いのサーバーやPC によって機能に制限があります。詳しくは「サポート・ダウンロード」をご覧ください。

 

V4.5.5以前の自動追尾ソフトウェアをお使いのお客様へ大切なお知らせ

自動追尾機能をお使いいただくには

自動追尾ソフトウェア(AW-SF100G/AW-SF200G)90日間無料トライアル お申込みフォーム

AW-SF100Gのライセンスキー 購入済みのお客様はこちら

AW-SF200Gのライセンスキー 購入済みのお客様はこちら

AW-SF100G/SF200G/SF202G/SF203G

強み・特長

パナソニックのフィロソフィー

カメラシステム Philosophy Video

自動追尾ソフトウェアキーAW-SF100G/200G V5.1.7 アップデート情報及び設定方法

自動追尾ソフトウェアキーAW-SF100G/200G V5.1.7 アップデート情報及び設定方法

Panasonic “自動追尾×Deep Learning” リモートカメラ用ソフトウェアAW-SF100G/200G

“自動追尾×Deep Learning” リモートカメラ用ソフトウェアAW-SF100G/SF200G


※動画内では無料トライアル期間を30日間とご紹介しておりますが、現在は90日間に延長しています。


簡単操作で、高精度な自動追尾の撮影が可能。高度な運用も実現する様々な機能も搭載しています。




高精度な自動追尾を実現の画像

1. “顔認証”+“ディープラーニングによる人体検出”で高精度な自動追尾を実現


特定力の高い“顔認証”と高性能な“人体検出”を採用。対象がどの方向を向いても追従が可能となり、講義などの板書の際も途切れの少ない自動追尾が可能です。人体検出は数万パターンの人体画像を読み込み学習させたディープラーニング技術により、暗い室内など人体が見えづらい環境でも高精度な検出を実現します。




難しい環境でも登録された顔を検出する高い精度の顔認証


ソフトウェアに顔を登録することで、映像の中の顔の位置を検出し、精度の高い自動追尾を実現。大講義などの広い会場でも、イベントなど薄暗い環境での撮影でも、パナソニックが独自に作成したライブラリによって、小さい顔・見えにくい顔の位置をすばやく検出・認証します。




マスクなどで顔が隠れていてもしっかり追尾できる高精度の人体検出

新しい生活様式が広まる中、マスクやフェイスシールドなどをしたまま話す機会も増えています。そのような場合でも、ディープラーニング技術による高精度の人体検出機能によって話者を自動追尾することが可能です。
顔認証の登録をせずともに、映像内に人が検出された時点から追尾を開始することができ、画面全体の1~2%ほどの大きさの人体であっても検出し、壇上で動き回る、しゃがむなど最初の検出時と体勢が変わる、演壇や教卓などに体の一部が隠れるなどしても、話者を見失いません。

※ご使用には、ソフトウェアのバージョンアップが必要になる場合があります。また、お使いのサーバーやPCによって機能に制限があります。詳しくは「」をご覧ください。


本ソフト上で登録する個人情報の扱い

当社は本ソフト上で登録される個人の顔写真などの個人情報を、収集、保管、および弊組織内での共有をすることはありません。本ソフト上で登録されるいかなる情報も、自動追尾ソフトがインストールされた環境(PC、サーバー)にのみ保存され、それ以外の場所に保存を行うことはありません。


話者が教室から退出して見失った際などは広い画角で表示し、再検出すると追尾を再開

話者を見失った際に映像は広いホームポジションの画角へ滑らかに移動して表示。対象を検出すると追尾を再開します。
そのため撮影された映像は画面の乱れが少なく安定し、撮影者は円滑に運用することができます。また、授業を受けている学生も安心です。




2. 簡単操作・簡単設置


直感的に設定作業が行えるGUI画面を採用

自動追尾設定は必要なアイコンに絞った直感的なGUIで容易に行え、撮影するオペレーターの負担も大幅に軽減されます。


直感的に設定作業が行えるGUI画面を採用の画像

<Main画面>

※使用状況によっては、追尾対象の誤検出、追尾対象を追従できない場合がありますので、オペレーターによる補正作業ができる環境でご使用ください。
※お使いのバージョンによって画面レイアウトが異なる場合があります。
※顔認証機能には、PUX株式会社の顔認証ソフトウェアを使用しています。




IPベースソフトウェアの採用で、遠隔操作に対応

IPベースのソフトウェアを採用、IP接続による運用(IPストリーミング/IPコントロール)により、遠隔教室への設置・操作も可能です。




センサーなどの追加機器が不要、コストを抑えた簡単設置を実現

サーバーやPCへ自動追尾ソフトをインストール※1すれば、4K/HDインテグレーテッドカメラと接続することで簡単に自動追尾システムの構築が可能。センサーなどの新たな設置は不要です。システムの構成が容易で、新たな機器を追加する必要がないため、初期コストを軽減することができます。

※接続可能カメラについては4K/HDインテグレーテッドカメラ(屋内専用)ラインナップをご覧ください。
※1:スタンドアローン版の場合。Webアプリ版として使用する際は、HTTPサーバーへ自動追尾ソフトをインストールして使用します。




3. より高度な自動追尾を実現する様々な機能


Auto Zoom ※1


自動追尾ソフトウェアキー Auto Zoom機能新旧比較

GUI上のZoomスライダーの下部の”Auto”ボタン※2を有効にすると、被写体の大きさを一定に保つように、自動Zoom調整機能が働きます。被写体の大きさも、目的や状況に合わせて、Auto Zoom Sizeから変更させることができます。企業での新製品発表イベントや大学での講義など、被写体が左右のみならず前後に動くような場合でも、思い通りの構図で被写体を追尾撮影することが可能です。

※1:こちらの機能はAW-UE4WGN/KGNではご利用いただけません。
※2:追尾モードがCropモードの場合、表示されません。




俯瞰カメラ連携※1


 自動追尾ソフトウェアキー 俯瞰カメラ連携

俯瞰カメラとして広角カメラ1台 を連携させることで、自動追尾機能の安定性を向上させることができます。俯瞰カメラが被写体をとらえている限り、追尾しているカメラが対象を失うことがあっても、すぐに追尾対象を再検出し、追尾を再開させます。※2 また、俯瞰カメラの映像は、追尾の補正だけでなく、撮影の全体像の確認や俯瞰映像として利用することができ、ライブ配信などミスが許されない映像制作現場での効率的なカメラオペレーションをサポートします。


本機能は、下記のような設置でのご利用を推奨しております。


横に並べて設置の画像
縦に並べて設置の画像

※1:AW-SF100のみの機能になります。
※2:本ソフトウェアキーに対応している弊社製リモートカメラのみ広角カメラとして使用可能です。AW-UE4WGN/KGNは追尾用カメラとしてはお使いいただけません。
※3:本機能においては、追尾に顔認証を使用しておりません。




FreeD※1との連携

(AW-UE150W/K 、 UE100W/K 、 UE80W/K のみ対応)

FreeDを用いたAR/VRの撮影で自動追尾ソフトウェアを使用できるので、大規模なシステムを用意することなく容易にAR/VR撮影を行うことができます。

※1:FreeDとは、AR/VRシステム用のカメラトラッキングデータを出力するプロトコルです。




Preset機能

様々な設定をプリセットとして登録・呼び出しできるようになったため、思い通りの操作がしやすくなりました。


Main 画面での設定項目

  • 追尾の開始・終了位置
  • 顔認証
  • 画角(上半身、全身、全体、なし)
  • パン・チルト可動範囲限界

追尾設定での設定項目

  • 追尾対象検出時の動作
  • プリセットを呼び出したときの動作設定
  • カメラ追尾動作感度
  • 自動追尾を行わない範囲



4. 選べる2つのソフトウェア


AW-SF100Gはスタンドアローン版とWebアプリ版の選択が可能、AW-SF200Gはサーバーで運用

AW-SF100Gは、Webアプリとして使用することも選択できるので、タブレットやスマートフォン、デスクトップPCなどからの制御にも対応します。また、複数カメラを一括でコントロールできるAW-SF200Gはフローティングライセンスを採用し、使用状況に応じた柔軟な運用を可能にします。


各ソフトウェアキーの利用イメージの画像

学校まるごと撮影を実現するAW-SF200G接続例

大ホールの複数台のカメラや複数教室に設置されたカメラを集中サーバーで同時自動追尾、一括制御。


学校まるごと撮影を実現するAW-SF200G接続例

教室まるごと撮影を実現するAW-SF100Gの接続例

1台のカメラを1台のパソコンで自動追尾、制御。


まるごと撮影を実現するAW-SF100Gの接続例の画像
まるごと撮影を実現するAW-SF100Gの接続例(WEBアプリ版)の画像



様々なシーンで自動追尾が活躍


様々なシーンで自動追尾が活躍の画像

対応製品

リモートカメラ


AW-UE150W/Kの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UE150W/K

詳細はこちら

AW-UE100W/Kの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UE100W/K

詳細はこちら

AW-HN130W/K、AW-HE130W/Kの画像

NDI®|HX対応HDインテグレーテッドカメラ
AW-HN130W/K(生産完了品)

AW-UE80W/Kの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UE80W/K

詳細はこちら

AW-UE70W/K、AW-UN70W/Kの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UNE70W/K(在庫限定品)

詳細はこちら

AW-UE70W/K、AW-UN70W/Kの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UE70W/K(在庫限定品)

詳細はこちら

AW-UE50W/K,AW-UE40W/Kの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UE50W/K
AW-UE40W/K

詳細はこちら

HDインテグレーテッドカメラ AW-HE75W/Kの画像

HDインテグレーテッドカメラ
AW-HE75W/K(在庫限定品)

詳細はこちら

AW-H70SW9/SK9, AW-HE70HW9/HK9の画像

HDインテグレーテッドカメラ
AW-HE70SW9/SK9(在庫限定品)

詳細はこちら

AW-H70SW9/SK9, AW-HE70HW9/HK9の画像

HDインテグレーテッドカメラ
AW-HE70HW9/HK9(在庫限定品)

詳細はこちら

4Kインテグレーテッドカメラ  AW-UE4WGN/KGNの画像

4Kインテグレーテッドカメラ
AW-UE4WGN/KGN

詳細はこちら


自動追尾機能をお使いいただくには/動作環境

自動追尾ソフトウェアをインストールすると、90日間の無償試用ができます。
自動追尾機能を継続して使用するためには、別途ソフトウェアキーを購入してアクティベーションを行う必要があります。
ソフトウェアキーのご購入は、販売店までお問い合わせください。

  1. 自動追尾ソフトウェアをインストールしてください。
  2. 自動追尾ソフトウェアキーを販売店へご注文ください。
  3. キーコードの入った箱が届きます。
  4. 箱を開けると、キーコードを記載した用紙と導入ガイドが入っています。

導入ガイドに従ってアクティベーションを行ってください。


【90日間の無償試用について】

自動追尾ソフトウェアをインストールすると、90日間の無償試用が可能です。
自動追尾機能を継続して使用するためには、別途ソフトウェアキーをご購入ください。

※無料トライアルの90日間延長対象者は、初めてAW-SF100/200の無料トライアルをご利用される方、無料トライアル開始から90日以内の方に限ります。既に無料トライアルを開始されている場合は、ソフトウェアのバージョンアップが必要な場合がございます。


【本ソフト上で登録する個人情報の扱い】

当社は本ソフト上で登録される個人の顔写真などの個人情報を、収集、保管、および弊組織内での共有をすることはありません。本ソフト上で登録されるいかなる情報も、自動追尾ソフトがインストールされた環境(PC、サーバー)にのみ保存され、それ以外の場所に保存を行うことはありません。




AW-SF100 動作環境

本ソフトウェアを使用するには以下の環境が必要です。


■必要スペック

CPU Core i7-8750H (2.2GHz)以上
Memory 8 GB以上
ディスプレイ解像度 1920 x 1080以上
OS Windows 10 64bit
Windows 11 64bit
NVIDIA 製 GPU

Pascal アーキテクチャ
  NVIDIA GTX 1050Ti 以上
  NVIDIA Quadro P2000 以上
Turing アーキテクチャ
  NVIDIA GeForce RTX 2060 以上
       NVIDIA Quadro RTX 4000 以上
Ampere アーキテクチャ
  NVIDIA RTX 3060 以上
       NVIDIA RTX A2000 以上

<ノート>
GPUでディープラーニングによる人体検出を行う場合、NVIDIA CUDA Toolkitをインストールする必要があります。
-以下の手順書を参照してCUDA Toolkit 11.4.1をインストールしてください。

※Version5.0.7以降ではシステムの稼働にGPUが必須となります。
※Ampereアーキテクチャ(NVIDIA GeForce RTX30シリーズ)はサポートしていません。
※GPUドライバーはNVIDIAのHPより最新版をダウンロードしインストールしてください。

WEBブラウザー(WEB アプリ版のみ) Google Chrome



AW-SF200 動作環境

本ソフトウェアを使用するには以下の環境が必要です。
サーバーPCは本ソフトウェアをインストールするPC、クライアントPCはサーバーにアクセスしてGUIを表示するためのPCです。


■サーバーPC

CPU カメラの同時接続数が 2 台までのとき
  Core i7-9700 3.00GHz 1P/8コア 以上
カメラの同時接続数が 4 台までのとき
  インテル® Xeon® Gold 6226R プロセッサー
  (2.9GHz, 16 コア, 22MB, 2933MHz)以上
カメラの同時接続数が 8 台までのとき
  [Dual CPU]インテル® Xeon® Gold 6226R プロセッサー
  (2.9GHz, 16 コア, 22MB, 2933MHz)以上
Memory 16 GB以上
OS

Windows Server 2022
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows 10 64bit
Windows 11 64bit

NVIDIA 製 GPU

カメラの同時接続数が1台までのとき
Pascal アーキテクチャ
  NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 以上
  NVIDIA Quadro P2200 以上
Turing アーキテクチャ
  NVIDIA GeForce RTX 2060 以上
  NVIDIA Quadro RTX 4000 以上
Ampere アーキテクチャ
  NVIDIA RTX 3060 以上
  NVIDIA RTX A1000 以上

カメラの同時接続数が2台までのとき※

カメラの同時接続数が4台までのとき※

カメラの同時接続数が8台までのとき※

<ノート>
GPUでディープラーニングによる人体検出を行う場合、NVIDIA CUDA Toolkitをインストールする必要があります。
-以下の手順書を参照してCUDA Toolkit 11.4.1をインストールしてください。


*Turing アーキテクチャのGPU (GeForce RTX またはQuadro RTX) を使用する場合、OS はWindows10 もしくはWindows Server 2016 / 2019 をご使用ください。


■クライアントPC

CPU Core i5-2520M 2.50GHz以上
Memory 4 GB以上
ディスプレイ解像度 1920 x 1080以上
WEBブラウザー Google Chrome



■対応カメラ

リモートカメラ パナソニック製インテグレーテッドカメラ
AW-UE150W/K、AW-UE100W/K、AW-HE130W/K※1、AW-HN130W/K※1、AW-UE80W/K、AW-UE70W/K※2、AW-UN70W/K※2、AW-UE50W/K、AW-UE40W/K、AW-HE75W/K※2、AW-HE70シリーズ※2、AW-HN70HW/HK※2、AW-UE4WGN/KGN

※1:生産完了品
※2:在庫限定品




【ネットワークについて】

  • サーバーPC、クライアントPC、リモートカメラが同一のネットワーク上に存在し、それぞれに固定のローカルIPアドレスが設定されていること。

【サーバーの構成について】

  • 本ソフトウェアはサーバー1台の構成でも動作しますが、複数台のサーバーで構成することにより、同時に制御できるリモートカメラの台数を拡張することが可能です。
  • サーバー1台につき4台までのリモートカメラを制御できます。



ソリューション


講義・講演(教育)

講義・講演(教育)

カメラ制御と資料の共有で分かりやすい講義・講演映像を制作。講義・講演の配信映像を収録して再配信に活用

講義収録(教育)

講義収録(教育)

自動追尾ソフトウェアキーとの連携により講師を自動で追尾

会議室(官公庁・自治体・企業)

会議室(官公庁・自治体・企業)

講演にセミナーに、さまざまな会場レイアウトに臨機応変に対応できる会議映像演出システム

イベント・プロダクション(イベント・レンタル)

イベント・プロダクション(イベント・レンタル)

複数カメラが必要なライブイベントに、簡単撮影を実現。リアルタイム映像をダイレクトにインターネット配信

礼拝所(イベント)(イベント・レンタル)

礼拝所(イベント)(イベント・レンタル)

用途の異なる高性能カメラとスイッチャーを組み合わせ、より臨場感のある映像制作を実現

サポート

ダウンロードの画像

ダウンロード

カタログ、取扱説明書、仕様書、ソフトウェアなどのダウンロードはこちら。​

サポート・ポータルの画像

サポート・ポータル

お問い合わせ先、対応機器などのサポート情報はこちら。

放送・業務用映像システム 購入前お問い合わせ

デモ・見積りなどのご相談は、下記よりお問い合わせください。

放送・業務用映像システム サポートセンター

製品の設置、設定、操作などのご相談は、下記よりお問い合わせください。