PT-CMZ50J
PT-CMZ50J
プロジェクター PT-CMZ50J

液晶レーザープロジェクター

1 cm*1 の至近距離で鮮やかな大画面を。
設置も使用も簡単な超短焦点プロジェクター

PT-CMZ50J 発売予定

PT-CMZ50J

  • PT-CMZ50J 2023年度 第1四半期(2023年 4月~6月)発売予定

主な機能

  • 近距離でも見やすい大画面を投写

  • スペース要らずで設置もスムーズ

  • 日々の運用をストレスフリーに

  • ※ ブラックモデルもご用意しています。仕様はホワイトモデルと同等です。

  • *オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

お問い合わせ 販売店一覧

PT-CMZ50J

お問い合わせ 販売店一覧

テクノロジー

SOLID SHINE LASER Icon

SOLID SHINEレーザー

4K DIGITAL LINK

4Kデジタルリンク

ACCEPTS 4K SIGNAL

非圧縮4K信号入力に対応

全方位 Icon

360度全方位設置

WIRELESS Icon

ワイヤレス

強み・特長

近距離でも見やすい大画面を投写

影が映り込みにくい80型の大画面を1cm*1 の距離で投写可能。5,200 lm*2の明るさと3,000,000:1*3 のコントラスト比も実現し、LED等の照明環境でも見やすく表示できます。ランプ方式の短焦点プロジェクターに比べ、輝度あたりの消費電力を約31%*4 低減。光源とフィルターは20,000 時間*5 交換不要で、環境負荷の削減にも貢献します。

スペース要らずで設置もスムーズ

新発売の金具「ET-WBC100」を用いることで、プロジェクターを壁から掛けてご使用いただけます。WBC100は本体に取り付けやすい設計となっており、設置時のストレスも軽減。さらに、スクリーンの中央と周辺を別々に調整できる電動フォーカス機能や、投写サイズ調整のための「デジタルズーム拡張」機能*6、投写位置を上下左右に約12%動かせる「デジタル画像シフト」機能*6を搭載。26 dB*7の静音運転も可能です。

日々の運用をストレスフリーに

会議や授業をすぐ始められるよう、電源オンとほぼ同時に*8 投写できる「高速スタートアップ」と機器の一括操作に便利なCECコマンド制御*9に対応。接続端子は、HDMI™出力や4K信号*10 入力に加え、2560 x 1080( 21:9)または3240 x 1080(27:9)のワイドスクリーン信号入力*11が可能。ワイヤレス投写のための専用アプリ*12 や、独自のワイヤレスプレゼンテーションシステム「PressIT*13」もご用意しています。


*1 プロジェクター本体から壁までの距離。
*2 「映像モード」を「ダイナミック」、「光源電力」を「ノーマル」に設定時。工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2021 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書B に基づいています。
*3 全白/全黒。測定条件:[映像モード]を[ダイナミック]、[ダイナミックコントラスト]を[1]に設定時。工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2021 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書B に基づいています。
*4 PT-CMZ50J(最大消費電力:325 W、最大輝度:5,200 lm)とPT-TW381RJ(最大消費電力: 300 W、最大輝度:3,300 lm)を比較した場合。
*5 光源電力「ノーマル」、ダイナミックコントラスト「2」、 IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度30°C 、海抜700 m 、ほこり環境0.15 mg/m3 の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。フィルターのクリーニングサイクルは使用環境によって異なります。フィルターは2 回まで洗えます。クリーニングサイクル:20,000 時間(ほこり環境0.08 mg/m3 の条件下で)、10,000 時間(ほこり環境0.15 mg/m3 の条件下で)。
*6 デジタルズーム拡張機能を使うと解像度が低下します。また、本機能ご使用時は、使用可能なスクリーン調整機能とその範囲が制限されます。デジタル画像シフト機能を有効にすると、スクリーンサイズが80%に縮小されます。
*7 静音モード時。ノーマルモード/ECO モード時の騒音値は35 dBです。
*8 「ECO マネージメント」→「高速スタートアップ」を「オン」に設定時。スタンバイ状態から。「有効期間」で設定した時間が経過すると、本機能は無効になります。また、本機能が有効になっている期間中は、スタンバイ時の消費電力が高くなります。接続端子、信号およびその他の条件により異なる場合があります。[スタンバイモード]が[ECO]に設定されている場合[、高速スタートアップ]は設定できません。[ 高速スタートアップ]を[オン]に設定している場合、[高速スタートアップ]の機能が有効になっている期間中は、スタンバイ状態であっても稼働中としてプロジェクター使用時間が加算されます。
*9 接続されたCEC コマンド制御対応機器によっては、連動制御が正常に動作しないことがあります。
*10 4K/30p までの信号に対応したデジタルリンク/HDMI™端子を装備して います。映像はプロジェクターの解像度(1920 x 1200 ドット)にリサイズされます。4K/30p 信号をデジタルリンク端子から入力する場合、対応フォーマットはYPBPR 4:2:0のみです。
*11 2560 x 1080(21:9)の入力信号は 1920 x 810(21:9)で表示され、3240 x 1080(27:9)の入力信号は 1920 x 640(27:9)で表示されます。
*12 オプションのワイヤレスモジュールAJ-WM50GTが必要です。
*13 ワイヤレスプレゼンテーションシステム「PressIT」は別売です。

主な仕様

PT-CMZ50J 2023年度 第1四半期(2023年 4月~6月)発売予定
光出力

5,200 lm

解像度

WUXGA(1920 x 1200 ドット)

業務用プロジェクター 購入前お問い合わせ

デモ・見積りなどのご相談は、下記よりお問い合わせください。

業務用プロジェクターサポートセンター

製品の設置、設定、操作などのご相談は、下記よりお問い合わせください。