undefined

グリーン購入法

プロジェクターにおけるグリーン購入法をご紹介

グリーン購入法とは?

「グリーン購入法」とは、製品やサービスを購入する際に、それらの価格や品質、デザインだけでなく、環境面への影響をも考慮して、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入することです。

「グリーン購入法」は、国等の機関に「グリーン購入」を義務づけするとともに、地方公共団体、事業者、国民も「グリーン購入」に努めることを定め、さらに、事業者、民間団体、国が製品やサービスに関する適切な情報提供を進めることを定めています。

グリーン購入法の詳細は、環境省のサイトでご確認ください。

環境省サイト・グリーン購入


グリーン購入法・プロジェクターの判断基準と配慮事項

*5,000 lm以上の製品は、グリーン購入法に該当しません。


主な判断の基準

1. 製品本体の質量が基準の数値を上回らないこと
2. 消費電力が基準の数値を上回らないこと
3. スタンバイ時消費電力が0.5 W以下であること
4. 特定の化学物質が含有基準値を超えないこと

主な配慮事項

1. 光源ランプの交換時間 3,000時間以上
2. 可能な限り低騒音であること
3. 使用済製品の回収及び再使用または再生利用システム
4. 製品の長寿命化および省資源化の設計上の工夫
5. 筺体部分におけるハロゲン系難燃剤の使用削減
6. 再生プラスチックの使用
7. 包装材の再生利用
8. 付属品の可能な範囲での削減


グリーン購入法適合機種


品名 品番 光出力
液晶プロジェクター PT-LW376J 3,600 lm
PT-LB426J 4,100 lm
PT-TW381RJ 3,300 lm
PT-LW375J 3,600 lm
PT-LB425J 4,100 lm
PT-TW371RJ 3,300 lm
PT-VW360J 4,000 lm
PT-VX430J 4,500 lm
PT-LB423J 4,100 lm
PT-LW373J 3,600 lm
PT-VZ575NJ 4,800 lm
PT-TW351RJ 3,300 lm
PT-VW355NJ 4,000 lm
PT-VX425NJ 4,500 lm
PT-LW362J 3,600 lm
PT-LB412J 4,100 lm
PT-TW343RJ 3,300 lm

「RoHS指令」に対応

2006年7月にEU(欧州連合)で施行された特定の有害物質(下記の物質)を規制する「RoHS指令」。 パナソニックグループはこの規制にいち早く取り組み、2006年4月以降に出荷する全世界の全製品で使用しないという方針を打ちたて、対応しました。


区切り線

規制対象6物質 :
鉛(Pb)/ 六価クロム(Cr(VI))/ ポリプロモビフェニル(PBB)/ カドミウム(Cd)/ 水銀(Hg)/ ポリプロモジフェニルエーテル(PBDE)


区切り線

RoHS指令とは

Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment の略。2002年11月にEU(欧州連合)の調停委員会で合意され、2006年7月に施行。EU域内で販売する電気・電子機器への特定の有害物質の含有を禁止しています。

対象製品の含有表示情報

*2010年3月1日以降生産分のプロジェクターで、以下の機種の含有情報を開示しています。


大枠分類 化学物質記号*
Pb Pb Cd Cr(VI) PBB PBDE
本体 実装基盤 除外項目
光学ユニット 除外項目
投写レンズ 除外項目
光源ランプ 除外項目 除外項目
スピーカー 除外項目
筺体・シャーシ 除外項目
付属品 リモコン 除外項目
その他
(ケーブルなど)
除外項目

JIS C 0950:2008

注記1:「○」は、算出対象物質の含有量が基準値以下であることを示しています。
注記2:「除外項目」は、算出対象物質が含有マークの除外項目に該当していることを示します。
*:Pb:鉛、Hg:水銀、Cd:カドミウム、Cr(VI):六価クロム、PBB:ポリプロモビフェニル、PBDE:ポリプロモジフェニルエーテル