顔認証クラウドサービス

世界最高水準の顔認証技術で
現場の入退場管理をアップデート

~ICカードレスで利便性とセキュリティ性を向上!~

2024年問題と建設業界

20194月に段階的に適用が開始されている「働き方改革関連法」。時間外労働に罰則付きの上限規定が定められ、この上限規定を守れなかった場合、事業主に刑事罰が適用される可能性も。5年の猶予期間を経て、建設事業でも20244月から適用が開始されています。

是正には労働生産性向上、事業者の経営改善、多様な人材の確保・育成などの施策が考えられますが、まずは長時間労働の実態を把握するための、労働時間管理が必須です。

2024年問題と建設業界

建設現場における新たな労働時間管理

顔認証による入退場管理で利便性とセキュリティ性が向上する

作業員の入退場記録を記録する手段として、昨今はICカード等の普及が進んでいます。しかし、カードリーダー端末の設置が必須でコストが原因で導入しづらい現場も。また、端末の盗難やカードの紛失、なりすましによる不正利用も懸念のひとつです。その代替手段として、どのような現場でも入退場記録を手軽に・正確に行える「顔認証」を導入する現場が増えています。

パナソニックの顔認証

パナソニックの顔認証は世界最高水準※1の顔認証エンジンを使用し、現場入退場の管理においても高精度の本人確認を実現。クラウド型なので導入がしやすく、API連携も可能なので、既存システム等の外部サービスとも容易に連携できます。

※1 2022年11月6日のNIST(FRVT 1:1)経年変化評価において、Mugshot(人種・経年変化を含む正面顔データ、他人受入率:10万分の1)で世界1位を獲得しました。同時にBorder(顔向き・照明変動を含むデータ、他人受入率:10万分の1)で世界4位、KIOSK(下向き・見切れデータ、他人受入率:10万分の1)でも世界5位にランクインするなど世界最高水準の評価結果を得ております。


タブレットのイラストと「導入しやすく 使いやすい」の文字

専用端末が不要
タブレットですぐに運用可能
専用機器購入のコストも低減

安全マークのイラストと「安心・安全」の文字

ICカードが不要
紛失や盗難のリスクを回避
なりすましも防止できる正確性

APIマークのイラストと「連携しやすい」の文字

APIで簡単連携
大規模開発不要で
既存システムにも組込み可能

資料ダウンロード

その他生体認証との比較や、建設現場における顔認証の導入事例を資料で詳しくご紹介しています!
 


この部分にフォームが表示されます。表示までしばらくお待ちください。
しばらくしても表示されない場合は、こちらをクリックして登録をお願いいたします。

お問い合わせ

お問い合わせ
顔認証クラウドサービス「KPASクラウド」に関するご相談は下記よりお問い合わせください