undefined
Projects
代表的な事例をご紹介します。

Project 01
顔認証付きカードリーダー(2021年度グッドデザイン賞 /IAUD国際デザイン賞金賞)

全国23万の医療機関でマイナンバーカードと顔を瞬時に読み取る。
そのデザインが備えるべき条件とは。


design project 01

価格と仕様は各社共通。
その中でパナソニック コネクトらしさを創る。

顔認証カード付きリーダーは、医療機関の窓口に設置され、患者様の顔とマイナンバーカードの情報を読み取る機器です。厚生労働省によって技術的な仕様と価格が公的に定められ、競合各社が横並びの条件下でパナソニック コネクトの強みをどう生かすが課題でした。


design project 01_01

「スペック比較表には出てこないスペックを大切にしよう。パナソニックの商品を開発してきたからこそできる使いやすさと省スペースを徹底的にアピールしようと決めました。またカードリーダーを眺めた瞬間、直感的に使いやすそうなイメージを持っていただけるか。その印象が商品の魅力を左右すると考え、開発のスタート時からデザイン本部は参画していました。」

「カードリーダーのお客様は、2種類いらっしゃいます。1人目は患者様。病院や薬局にはご年配の方から子どもまで幅広い年齢の方、治療中の方、体に不自由がある方など、ありとあらゆる患者様が訪れます。みんなが使いやすいことがデザインの大前提。2人目のお客様は医療関係者の方々。狭い受付台にも設置できるよう限りなく省スペース化するように心がけました。また受付に座られる方は、カードリーダーの背面を見続けることになります。目の前に大きな機器が置かれると圧迫感を受けるはずだと考えました。」


design project 01_02

開発に先駆けてカードリーダーには2つの正面があるというコンセプトを立てました。前面は、もちろん患者様の使いやすさの視点。背面は受付の方の視界をさえぎらない優しさの視点。どちらも大切にしたデザインを追求しました。


開発期間が短い。
そのとき、デザインが牽引できること。

最初の打ち合わせから動作モックアップの提出期限まで約2ヶ月足らず。通常の開発スピードでは実現不可能でした。そこで機構開発とデザイン開発が同時進行するチームが組まれたのです。


design project 01_03

「どの部品を使用し、どこに配置するか。機構設計の後にデザイン開発が進むことも多いのですが、今回は逆のパターンでした。患者様にとって使いやすく、背面からも圧迫感のないフォルム。このコンセプトに基づき、デザイナーがペーパーモックを作成。機器としてのボリューム感を全員が共有できたことが開発のスピードアップにつながりました。今回はデバイスの配置や機構をデザイン開発でリードしてもらったなと思っています。」

「メーカーの中でプロダクトデザインを行うインハウスデザイナーの強みは、経験を重ねるなかで使用デバイスの予測ができることです。パナソニック コネクトのモノづくりの特徴かもしれませんが、 B to Bのソリューション開発は毎回テーマが異なるため、技術先行の時もあればデザイン先行の時もあります。技術とデザインがオーバーラップしていくモノづくり。そこに魅力を感じています。」


design project 01_04

価格と仕様が決められた条件下ではデバイス選定に制約がありました。コンパクト設計を実現しながら、マイナンバーカードの情報を正確に読み取らなければいけない。その際、カメラの光量、設置角度などさまざまな技術的なハードルを超えられたのは、デザインの力に依るところが大きかったと思います。カードを載せる台をすりばち形状にデザインすることで、患者様がカードを無造作においても自然に正しい位置に収まり、同じデバイスを使いながら読み取り精度が飛躍的に向上したのです。


ユーザビリティをデザインする。
社会をデザインする。

顔認証付きカードリーダーは、全国の医療機関に設置され、日本の総人口おそよ1億4千万人の方々の目に触れ、使用されるシステムです。B to B デザインの醍醐味であり、社会に対する責任を感じます。


design project 01_05

「パナソニック コネクトは、顔認証だけにとどまらず、さまざまな現場センシングの技術を磨き上げてきました。例えば、混雑状況の検知、人数のカウント、モニターによるセキュリティ監視など、社会のインフラに近い場面で実用化され、さらなる進化が期待されています。さまざまな開発を進める中で私たちは現場センシングのユーザビリティを大切にしてきました。まわりの環境を含めたソリューションの提供。人の心地よさに寄り添う視点。機器と人との快適なあり方を創造することがパナソニック コネクトの使命だと考えます。人間の感性に近い部分から提案できるデザインの力は欠かせないものです。」

「保険証のかわりにマイナンバーカードで本人照合を行うという新しいサービスが普及すれば、医療機関の事務手続きが簡略化され、医療従事者の方が患者様と向き合う時間を増やすことにもつながります。世の中に新しい便利さを生み出し、社会そのものをデザインする責任とやりがいを日々感じています。」


design project 01_06

社会が求めているのは、未来を創出していくコンセプトであり、現場に根ざした視点から導き出されたアイデアです。パナソニック コネクトは、社会のために進化しつづけます。


design project 01_07

■プロジェクトメンバー(左から) 
山本 悠平(デザイン本部 デザイナー)
吉永 国弘(事業企画部門)
石田 岳史(機構設計部門)
永石 裕二(事業企画部門)

Project 02
観光庁公募 富士山エリア観光型MaaSコンセプト開発

コンセプトに翼を。
デザインの視点が、旅のすべてを顔認証でつなぎ
国内初のMaaSの世界を拡げる。


design project 02

国、地域、事業者が模索する
新しい地域観光のシナリオづくり。

お客様の課題が明確であれば、解決策やアプローチを見つけやすいのかもしれません。しかし、社会が大きく動く中でお客様自身が課題を正確につかみきれない場面が増えています。今回の観光庁による富士五湖観光型MaaSの実証実験の公募もまさにそうでした。


design project 02_01

「実証実験の主体となる富士急行株式会社様は、2018年から富士急ハイランドに顔認証ゲートを導入され、将来的に富士山エリアすべてを顔認証で周れるソリューション構想を持たれていました。実証実験という短期の視点だけでなく、将来像を含めたコンセプト像を立案し、シナリオをどう具現化していくかを求められていたのです。」

「提案の独自性として、デザイン本部が考えたポイントは3点。1つは、MaaSの土台となる利用者、地域、事業者の三者すべてがtotal winとなるプランニング。次に地域特性を明確化してアピールすること。富士山エリアには山登りや遊園地のほか、数多くの観光スポットがあります。自身の体験も含めてライフステージの変化に合わせてさまざまな目的で何度も訪れることができるエリアとして地域の特性を定義しました。さらに顔認証の情報から新しいサービスを創出すること。この部分は、デザイン本部でも顔認証を活用した旅のパーソナライズ化を以前より検討していました。」


design project 02_02

「個人的に旅のプランニングが好きです。MaaSで旅のカスタマイズ化を具現化したいと常々思い描いてきました。例えば、ご高齢の方のアクセスのしやすさ、アレルギーを持つ方がいらっしゃるご家族のためのカフェ巡りなど、旅の情報を最大公約数化しない、さまざまな要望を推し量った新しい旅づくりを実現したい。このシナリオを実証実験の先のゴールとして設定しました。」


手ぶらでウォークスルー。顔で支払い。
カスタマージャーニーをマップ化。

実証実験では富士山エリアにある数多くの施設の、さまざまな人が関わります。その時に大切なのは共通意識をつくることです。提案書のアウトプットの中にカスタマージャーニーのマップやコンセプト映像を盛り込むこともデザイン本部の重要な役割の1つでした。


design project 02_03

「競合他社が提供する顔認証観光MaaSの調査も行いました。そこで気づいたのはお店の方が顔認証決済の操作に慣れていないと決済がスムーズに進まず、ユーザーとお店の双方がストレスを感じること。ソリューションを考えるときに、ついつい自分たちの技術や製品をどう盛り込めるかが着眼点になりがちですが、ユーザーの使いやすさに力点をおいた開発がますます求められていくと思っています。」

「現場で自分が感じたことは、コンセプトを組み立てる仮説のベースとなります。重要なのはサンプル数が1であってもファクトであること。それぞれのファクトを持ちより議論を重ねます。お客様にも答えが見えていない領域に対して新たな提案をするときに机上の空論は響きません。体験をベースにしたデザインがお客様の心に刺さるのです。」

 「顔認証決済を中心にした観光型MaaSは国内に事例があります。今回のように交通や施設の利用からショッピング決済まで旅まるごと手ぶらを実証実験するのは国内初です。これはパナソニック コネクトの大きな強みになります。営業視点では、デザイン本部とディスカッションした内容を具体的なマップやコンセプト映像として視覚化してもらうことでお客様の心に深く響く提案ができると考えています。」


design project 02_04

これまで富士山エリアの観光客は日帰りが多く、平均1.3か所にとどまっていました。今回の実証実験では平均3か所以上の成果を収め、パナソニック の観光型MaaSが一定の成果を収めたと言えます。まだ全体構想の一部を実証したにすぎませんが、これからも旅のパーソナライズ化などプロジェクトを発展させていきたいです。


社会は黎明期。時代の先へ デザインの力で切り込んでいく。

デジタル技術の進化という土台にウイルス感染症による人々の意識の変化が起こり、社会は変革を迫られています。テクノロジーとデザインを融合させることで社会の変革に応えていく時代がはじまっています。


design project 02_05

「いまは、お客様も自分たちは何が必要か具体的な要求として答えづらい時代です。なんか困っている。どうすればいい?その中で新しい提案をして、気づきを与え、具現化のプランを一緒につくっていく。それがサービスデザインの大きな役割です。」

「デザイン本部にいると、自分たちのお役立ちのあり方が半年単位で刻々と変化していることを実感します。入社して3年、既成概念の中で考える案件は一度もなく、常に新しい案件に対して調べ理解して、その答えを探していくプロセスが求められます。毎回、初めての世界に取り組むので、街を歩いているときも常にアンテナを張っています。」

「プロジェクトの早い段階からデザイン本部が関わることで、自分たちだけで考えていたコンセプトの視界が格段に広がることを感じます。提案内容とその伝え方がお客様の響くものになり、パナソニック コネクトと一緒に取り組んでいこうという気持ちがお客様の中に芽生えるように思います。」


design project 02_06

まだ正解が決まってないものに新しいコンセプトを提案できる力。将来像を具現化に導く力。サービスデザイン、プロダクトデザインなどすべてのデザインに求められるのは世の中のニーズの先へ切り込んでく力です。そのエネルギーがB to Bの領域を通して社会に新しい豊かさをもたらし、パナソニック コネクトのブランド価値を高めることに役立つと考えています。


design project 02_07

■プロジェクトメンバー(左から) 
大山 一朗 (事業推進部門)
小橋 佳衣 (デザイン本部 デザイナー)
山川 八寿樹(デザイン本部 デザイナー)