undefined

現場映像活用サービス
カメラデータプラットフォーム

映像・画像データを管理し、アプリケーション連携など幅広い用途に活用できる、拡張性の高いデータプラットフォーム。​

概要

多様なデバイスで記録された映像・画像データの管理とさまざまな画像解析アプリケーションとのAPI連携を実現するデータプラットフォームです。
クラウド上に映像・画像データを保存・管理するため、現場ごとの録画機器の設置が不要となり初期投資を抑制できるほか、災害発生時にも大切なデータを守ることができます。
そしてAPIでさまざまな画像解析アプリケーションやSaaSと連携が可能なため、画像解析システムの開発工数・コストを抑制できます。

強み・特長

幅広い目的・用途に活用できる、映像・画像を用いた業務改善ツールの基盤となるデータプラットフォームです。ユースケースや規模に合わせて導入でき、ストレージや機能の拡張も容易に実現できます。


現場のニーズに応える機能と高い拡張性

現場のニーズに応える機能と高い拡張性

アプリケーションや業務システムとAPIで連携し、画像解析を支援するさまざまな機能を提供することでパートナー企業の開発工数、コストの削減を実現します。

さまざまなメーカのカメラが接続可能

さまざまなメーカのカメラが接続可能

AIカメラやONVIF S準拠カメラと接続可能です。カメラメーカごとのハードウェア仕様に縛られず、アプリケーションの開発に注力できます。

*全てのAIカメラ、ONVIF S準拠カメラとの接続を保証するものではありません。接続可能なカメラについては、事前に弊社の担当営業または「パナソニック システムお客様ご相談センター」にご相談ください。

ニーズに応じて選べる費用体系

ニーズに応じて選べる費用体系

接続するカメラ台数や保存期間ごとの費用、およびAPI利用量に応じた費用など、ご利用ニーズに合わせたプランが選択でき、小規模でも利用しやすくなっています。

アプリケーション開発を支援するツール群

アプリケーション開発を支援するツール群

これまで培った映像・画像解析技術開発のノウハウを活かし、学習データ作成支援や開発省力化などパートナー企業の開発を支援するツールを提供します。

活用シーン

本プラットフォームを使用し、カメラで撮影した映像・画像を活用したさまざまな現場のイノベーションを実現することが可能です。


流通・店舗などの状況確認

流通・店舗などの状況確認

従来の防犯用途以外でも商品の陳列状況や来客状況を離れた場所から確認可能です。複数店舗を担当されているマネージャーが現地訪問しなくても即座に管理や指示ができます。

河川防災に必要な遠隔監視

河川防災に必要な遠隔監視

河川などカメラレコーダ設置が困難な屋外でもクラウドでデータ録画・再生、簡単に監視できる仕組みを構築することができます。

スマートファクトリーの生産性向上

スマートファクトリーの生産性向上

工作機械が収集したセンサデータなどと作業員の動作映像を比較することで、潜在化する課題を分析、業務の改善と生産性向上が可能です。

ドローンを活用したインフラ点検

ドローンを活用したインフラ点検

大型の橋や高速道路などをドローンカメラで撮影したデータ保存・分析をし問題個所を特定します。点検業務などの効率化が可能です。

公共スペースの混雑検知や通知

公共スペースの混雑検知や通知

クラウドアプリケーションにて処理を行い混雑状況を可視化および利用者へ通知が可能です。ヒトとヒトとの接触機会を減らし安心を提供します。

サービス構成

本プラットフォームの機能をAPI連携により利用し、さまざまな画像解析アプリケーションやSaaSを開発可能です。


レイヤー図

主な機能

基本機能

録画、再生、メタデータ保存、ユーザー管理、機器管理、認証、管理ポータルなど映像・画像を扱うための充実した基本機能を提供します。


基本機能

管理ポータル画面(イメージ)


画像比較機能

日付・曜日・時間を指定した並列表示や、一定間隔毎の時系列表示により、複数の映像・画像を容易に比較できる機能。例えば、流通店舗において、同曜日・同時間の売り場の状態を複数店舗で比較することで、業務効率化や廃棄・販売機会ロス削減につながるオペレーション改善を支援します。


画像比較機能

パートナープログラム

プラットフォームの機能・性能拡充に加え、本プラットフォームを活用したパートナー企業のソリューション開発と事業化を支援するための、パートナープログラムを今後開始予定です。

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
購入、製品に関するご相談は、下記よりお問い合わせください。
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)