アーク溶接機の制御方式

アーク溶接機の制御方式

溶接機のコアである制御方式について、その進化の変遷とともにご紹介。

概要

パナソニックはこれまで長い年月をかけてアーク溶接機のコアである制御方式を進化させてきました。
より良い溶接を目指してどのような仕組みで進化をさせてきたのかご紹介します。

サイリスタ制御

 商用交流を所定の電圧に降圧させた後、サイリスタ(半導体素子)で構成した回路で、出力を半サイクルごとに調整し、出力を制御します。これは、電源電圧の50HZまたは60HZの時間でしか出力可変できません。構造が比較的簡単であり、耐久性に優れているのが特徴です。


代表機種


インバータ制御

 高周波交流による高速な出力波形制御で、アークの発生、溶滴の離脱促進、アークの停止を高速に行います。そのため、サイリスタ制御に比べてIGBT インバーター形式はスパッタが少なく良いアークスタートを実現できます。

 また、インバータ制御であるRX1シリーズの最大の特長はその省エネ性能です。当社サイリスタ機YD-500KR2と比較して消費電力は溶接時に最大14%削減でき、待機時には最大87%削減が可能です。

※10.2kW(300A溶接時) 0.08kW(待機時)


代表機種


フルデジタル制御

 フルデジタルはインバータ制御に加えて、波形のデジタル制御を行うことでより精密な溶接波形の調整を行いつつ、エンコーダー付きモーターにより安定した一定速度のワイヤ送給を組み合わせることでより良い溶接結果を生みだします。

 安定したワイヤ送給によりケーブルの曲げに、ある程度対応できる力強さをもたらします。


代表機種



セカンダリスイッチング(2次スイッチング)機能

 セカンダリスイッチング機能は短絡の直前・直後の溶接電流を急峻に垂下させて、短絡もしくはアークへスムーズに移行することで、スパッタを低減させます。


セカンダリスイッチング(2次スイッチング)機能

セカンダリスイッチング機能付き代表機種


サポート

溶接手帳(溶接関連資料)


溶接機に必要な設備や溶接条件など、お客様のお困りごとを解決するお役立ち情報満載の「溶接手帳(溶接関連資料)」はこちらからダウンロードすることができます。

溶接手帳のダウンロード

溶接手帳

サービス


修理・アフターサービス

修理・アフターサービス

充実したサポート体制でご導入後も支えます。
ダウンロード可能な各種お役立ち資料も用意しております。

詳しくはこちら

グローバルネットワーク

グローバルネットワーク

パナソニックは全世界のお客様を支援する体制を整えております。日本から海外の工場へ生産展開するお客様も安心して当社設備をご使用いただけます。

詳しくはこちら

パナソニック松溶会

パナソニック松溶会向けサイト

パナソニック松溶会に加盟している方向けの特設ページです。

詳しくはこちら

お問い合わせ

ご相談窓口
各種ご相談は、下記までお問い合わせください。
お問い合わせ内容ごとにプッシュ番号で各担当へお繋ぎします。
<プッシュ番号とお問い合わせ内容>
#1…機種選定、製品の取り扱い、設置、仕様などのご相談
#2…カタログなど資料のご請求、販売窓口に関するお問い合わせ
#3…故障、トラブル、修理に関するご相談
#4…溶接施工に関するご相談
#5…カレッジ、検定に関するお問い合わせ
#6…その他のご相談、お問い合わせ
受付時間:平日 9:00~12:00 及び 12:45~17:00
(土日、祝日、年末年始、当社所定の休日は除く)