undefined
パートナーソリューション紹介
設備情報管理ソリューション
日本インターグラフ株式会社 様
Intergraph SmartPlant® 製品シリーズ
Intergraph SmartPlant® 製品シリーズ

設備情報管理ソリューション

Intergraph SmartPlant® 製品シリーズ (日本インターグラフ株式会社 様)

建設・土木/インフラ・エネルギー/公共・サービス

この事例のPDFをダウンロードする


使用イメージ

プロジェクト全体のエンジニアリング情報をフル活用 設備情報の管理に画期的なソリューション。

Intergraph ツールは、設備の効率的・安全な運転に必要となるすべてのエンジニアリング情報を管理します。
プロジェクト全体のコスト・スケジュールの管理、プロセス・ワークフローの最適化、事故の発生前に安全性の問題点を特定し、シームレスで高品質な引き渡しによる運転準備をお手伝いします。

SmartPlant® Foundation, SmartPlant Enterprise for Owner Operators(SPO), SmartPlant Enterprise Core Solution, Smart Enterprise Portal, SmartPlant Fusion, SmartPlant Materials MobileScan, SmartPlant Construction, SmartPlant Isometrics, Intergraph FreeView にて動作確認済。


エンドユーザー様が抱えている課題

  • 現場に紙の図面を持込む、事務所に持ち帰り電子データに反映する、必要な電子データが見つからない等、作業が非常に煩雑となっている。

本ソリューションによって実現する解決策

  • 現場で直接サーバーにアクセスして図面を参照・更新でき、プロジェクト全体に渡る図書管理も可能に。紙を利用するリスクや、データ更新の工数を削減できます。

採用機種

頑丈7型タブレット TOUGHPAD FZ-M1

頑丈7型タブレット
TOUGHPAD FZ-M1
(管理者機能での対象とします)

頑丈10.1型タブレット TOUGHPAD FZ-G1

頑丈10.1型タブレット
TOUGHPAD FZ-G1
(管理者機能での対象とします)

タフパッド採用の背景とメリット

タフパッド採用の背景

対象となる業界のお客様は、プラントなど危険な現場で作業されている方がほとんどです。屋外であることも多く、通常のタブレットやノートパソコンを持ち込んでの作業も可能ですが、やはり雨風や落下に強く頑丈で堅牢性が高いことが重要です。さらに、精細な図面を現場で扱うには、高精細な表示とデータへの高いアクセシビリティも同時に求められます。今後、ソフトウェアの一部表示を大きくするなどUI改善し、さらに安全で操作しやすいサービスを目指します。

採用のポイント

  1. 耐落下・衝撃
  2. 耐振動
  3. バッテリー交換

 

タフパッドとの組み合わせで実現するメリット

各種ネットワークを介して現場からタブレット端末で直接データベースにアクセスし、「最新」の図書の閲覧・検査結果の記録・現場写真の撮影を行えるほか、Intergraph ソリューションが実現する電子データの関連付け技術により、「場所を問わず最新の情報を共有」できるようになります。
また、モバイルPC並みの高性能・セキュリティを備えたTOUGHPADは、現場で安心して利用できるデバイスです。

事例についてのお問い合わせ・ダウンロード

「Intergraph SmartPlant® 製品シリーズ」についてのお問い合わせ・詳細はこちら

パートナー様ウェブサイト

事例PDFのダウンロード

この事例のPDFをダウンロードする

本ページの情報は、当社のタフシリーズにて、動作が確認された実績のあるものを紹介させていただくものです。
当社で、表記のソリューションの動作を保証するものではありません。また、各ソリューションの詳細内容は、提供する各社にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

 
 
法人向けPCご購入前相談窓口
ご購入相談、デモ機お貸出し、カタログ請求など
受付時間:9:30~12:00,13:00~17:30
(土日、祝日、年末年始、弊社所定の休日を除く)
 
パナソニックパソコンお客様ご相談センター
パソコンに関する操作方法、技術的なこと、不明点など
9:00~20:00 17:00(365日受付)
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
※発信者番号通知のご協力をお願いいたします。非通知に設定されている場合ははじめに「186」をダイヤルしてください。
※中古製品および発売日から5年を超えた製品に対する技術相談料は有料となります。(2016年11月から)