コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.4.0.0

本ソフトウェアは、パソコン上でUSBメディアプレーヤーの再生スケジュールを設定できるソフトウェアです。
操作方法は操作説明書をご覧ください。

最新バージョン

Ver.4.0.0


Ver.3.3.1からの変更点

  • 機器設定にグルーピング機能追加
  • 監視制御モードを追加*1
  • 予約配信機能を追加
  • 入力切替のスケジュール拡充*2

※コンテンツマネージメントソフトウェアのバージョンは、アプリを起動し、メニュー右下のiマークをクリックすると確認できます。
*1:「再生状態」の表示については、 SQ2H/EQ2シリーズのみ動作します。
*2:SQ2H/EQ2シリーズのみ動作します。

 

対応ディスプレイ

TH-86SQ1HJ、TH-75SQ1HJTH-65WQ1HJTH-55WF1HJTH-55SQ2HJ、TH-50SQ2HJ、TH-43SQ2HJTH-98SQ1J、TH-86SQ1J、TH-75SQ1J、TH-65SQ1J、TH-55SQ1J、TH-49SQ1JTH-80SF2HJ、TH-70SF2HJ、TH-65SF2J、TH-55SF2J、TH-49SF2J、TH-43SF2JTH-86EQ2J、TH-75EQ2J、TH-65EQ2J、TH-55EQ2J、TH-50EQ2J、TH-43EQ2JTH-86EQ1J、TH-75EQ1J、TH-65EQ1J、TH-55EQ1J、TH-50EQ1J、TH-43EQ1JTH-49XF1HJ、TH-49XF1TJTH-75BQ1J、TH-65BQ1J

 

パソコンの動作環境


OS
Windows® 8.1
Windows® 8.1 (32 bit/64 bit)
Windows® 8.1 Pro (32 bit/64 bit)
Windows® 10
Windows® 10 Home (32 bit/64 bit)
Windows® 10 Pro (32 bit/64 bit)
ソフトウェアライブラリー Microsoft .NET Framework 4.5.2以上
インストールされていない場合は、Microsoftのホームページからダウンロードしてください。
WEBブラウザー Internet Explorer 11
Windows8.1のモダンUI用Internet Explorer 11を除く
ディスプレイ解像度 1366ドット × 768ドット以上
LAN環境 有線LANで接続する場合
LAN端子:10Base-T/100Base-TX
無線LANで接続する場合
準拠規格:IEEE802.11b/g/a/n
USBメモリーカードリーダー 作成したスケジュールを直接USBメモリーに書き込む場合に必要です。お使いの機器で使用できるUSBメモリーについては、機器の取り扱い説明書をご覧ください。

<ご注意>

  • コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.4.0.0は、[スポットライト型プロジェクターSpace Player]での使用はできません。
  • コンテンツマネージメントソフトウェアVer3.3以前がインストールされている場合、先にアンインストールを行う必要があります。
  • アンインストールを実施すると、登録済みのコンテンツやスケジュールが削除されます。コンテンツやスケジュールを再度利用する場合は、アンインストール前に[データ移行]で移行データを保存しておいてください。
  • 上記システム環境以外で使用された場合、および自作コンピューターで使用された場合の動作保証は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください。
  • 上記の条件を満たす、すべてのコンピューターについて動作を保証するものではありません。
  • コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.3.2で作成して出力したスケジュールを再度読み込んで編集する場合は、必ずコンテンツマネージメントソフトウェア Ver.3.2以降を使用してください。それ以外のバージョンでは読み込めない場合があります。

ダウンロード方法


ダウンロード [CMS-V4.0.0.zip (16.0 MB)]


  1. 上の「ダウンロード」ボタンをクリックし、「ソフトウェアダウンロードに関する注意事項」を確認後、「同意してダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
  2. ダウンロードした「CMS-V4.0.0.zip」をダブルクリックすると自己解凍が始まり[CMS-V4.0.0]フォルダが生成されます。
  3. [CMS-V4.0.0]フォルダ内の[setup.msi]アイコンをダブルクリックしてください。
    インストールが開始します。
  4. インストールが完了すると、デスクトップ上にショートカットアイコンが作成されます。

使用手順

本ソフトウェアを使って、パソコン上で作成したプレイリストとスケジュール設定をUSBメモリーに保存又はLAN経由でUSBメモリーに配信できます。


Ver.3.3.1使用手順

トップメニュー画面

コンテンツマネージメントソフトウェアを起動すると、トップメニュー画面が表示されます。
各メニューのボタンをクリックすると、クリックしたメニューの操作画面に移動します。


トップメニュー画面

[作成・編集]メニュー
スケジュールの作成や編集を行います。スケジュールの新規作成や、以前に作成したスケジュールを編集することができます。

[出力]メニュー
作成したスケジュールを機器に出力して、運用できるようにします。スケジュールと出力先機器を選択して、出力することができます。

[確認]メニュー
作成したスケジュールの内容を確認できます。
日付をもとに確認する方法と、スケジュールをもとに確認する方法の2通りの方法があります。

[データ移行]メニュー
コンテンツマネージメントソフトウェアと同じ環境を、別の対応コンピュータに移行するためのデータを出力します。[出力]の場合は保存先を選択、[読込]の場合はデータファイルを選択します。

[読込]メニュー
機器で使用しているスケジュールのデータを読み込むことができます。

[機器設定]メニュー
スケジュールのデータ出力先として、機器の固有情報の登録を行います。機器に名前をつけたり、LAN経由で出力したりするときに使うネットワーク情報を登録することができます。

[i]ボタン
コンテンツマネージメントとソフトウェアの情報が確認できます。

コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.1.1

本ソフトウェアは、パソコン上でAF1のサイネージプレーヤーアプリのスケジュールを設定できるソフトウェアです。
操作方法は操作説明書をご覧ください。

最新バージョン

Ver.1.1.0

対応ディスプレイ

TH-55AF1J, TH-49AF1J, TH-42AF1J

パソコンの動作環境


OS
Windows® 8.1
Windows® 8.1 Pro (32 bit/64 bit)
Windows® 8.1 (32 bit/64 bit)
Windows® 10
Windows® 10 Home (32 bit/64 bit)
Windows® 10 Pro (32 bit/64 bit)
ソフトウェアライブラリー Microsoft .NET Framework 4.5.2以上
インストールされていない場合は、Microsoftのホームページからダウンロードしてください。
WEBブラウザー Internet Explorer 11
Windows8.1のモダンUI用Internet Explorer 11を除く
ディスプレイ解像度 1366ドット × 768ドット以上
LAN環境 有線LANで接続する場合
LAN端子:10Base-T/100Base-TX
無線LANで接続する場合
準拠規格:IEEE802.11b/g/a/n

SDカードリーダー
USBメモリーカードリーダー

作成したスケジュールを直接SDカードおよびUSBメモリーに書き込む場合に必要です。お使いの機器で使用できるSDカードおよびUSBメモリーについては、機器の取扱説明書をご覧ください。

<ご注意>

  • 上記システム環境以外で使用された場合、および自作コンピューターで使用された場合の動作保証は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください
  • 上記の条件を満たす、すべてのコンピューターについて動作を保証するものではありません。

ダウンロード方法


ダウンロード [CMS-V1.1.0.zip (15.0 MB)]


  1. 上の「ダウンロード」ボタンをクリックし、「ソフトウェアダウンロードに関する注意事項」を確認後、「同意してダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
  2. ダウンロードした「CMS-V1.1.0.zip」をダブルクリックするとsetup.exeアイコンが生成されます。
  3. [setup.exe]アイコンをダブルクリックしてください。 インストールが開始します。

使用手順

本ソフトウェアを使って、パソコン上で作成したプレイリストとスケジュール設定を、SDカードやUSBメモリーまたはLAN経由で配信できます。

※無線LANでご使用の場合、ネットワーク環境によってはつながりにくい場合があります。有線LANでの配信を推奨いたします。


Ver.1.1使用手順

操作画面

トップページ(アプリ起動後に表示される画面)より各機能の呼出しを行います。


操作画面

スケジュールの作成・編集
(タイムテーブル作成・カレンダーへの設定)

作成したスケジュールを確認
(日付別/スケジュール別検索)

アプリデータを他PCへ移行
(登録コンテンツ/スケジュールまで)

アプリ情報表示
(バージョン/使用ライセンス表示)

作成したスケジュールを機器に出力する
(USBメモリー/LAN)

スケジュールを読み込む
(USBメモリー/バックアップファイル)

機種設定
(出力先機器の登録/設定変更)


スケジュール作成

タイムテーブルの作成からスケジュールの出力までを一連の流れで操作できます。
※AF1シリーズと組み合わせてご使用の場合、「外部入力」「音楽」「明るさ」「電源」の設定には対応しておりません。

スケジュール作成

タイムテーブル作成画像

タイムテーブル作成

「プレイリスト」タブを選択し、右上の「+」ボタンでコンテンツを追加します。
プレイリストを作成し、タイムテーブルにドラッグしてスケジュールを作成します。

カレンダー登録画像

カレンダー登録

カレンダーのマス目から登録したい日付をクリック、さらに右クリックでタイムテーブルを設定します。

スケジュールの出力画像

スケジュールの出力

出力方法はSDカードやUSBメモリー、またはLAN経由を選択できます。さらに機器を選択して出力します。

※AF1シリーズは、microSDカードのみ対応します。


SDカードまたはUSBメモリーからディスプレイに設定


LAN経由でディスプレイに設定

ディスプレイの入力をOpenPort PLATFORM®に切替え、「サイネージプレーヤ-」アプリを起動しておきます。
スケジュールの出力画面で「LAN」を選択し、機器を指定してスケジュールを出力。設定時間になると、スケジュールどおりに再生を開始します。

※コンテンツ再生中にスケジュール出力を開始すると再生中のコンテンツは停止し、ディスプレイは黒画面になります。

LAN経由でディスプレイに設定画像

SDカードまたはUSBメモリーからディスプレイに設定

スケジュールの出力画面で「SD」を選択し、SDカードまたはUSBメモリーにスケジュールを保存します。 パソコンからSDカードまたはUSBメモリーを取り出し、ディスプレイのmicroSDカードスロットまたはUSBポートに挿入します。「サイネージプレーヤー」アプリを起動します。 設定時間になると、スケジュールどおりに再生を開始します。

※AF1シリーズは、microSDカードのみ対応です。

設定の詳細は、「コンテンツマネージメントソフトウェア取扱説明書」をご確認ください。

SDカードまたはUSBメモリーからディスプレイに設定画像