グレー

Windows 10 IoT Enterprise
プレインストール ソリューション

レッツノートのシンクライアント活用に

Windows 10 IoTの特長

機能アップデート不要

機能アップデート不要

半年や1年毎に実施される機能アップデートが適用されないため、長期間バージョンを固定して運用することができます。修正プログラム適用による検証作業などの工数を削減できます。

機能制限可能

機能制限可能

特定用途向けのPCとして、機能制限することができます。ストレージの書き込み、USBデバイスのアクセス、キーボード操作などの制限が可能です。不正利用などを防ぎつつ、業務での使いやすさを管理者側で設定できます。

汎用OSよりも低コスト

汎用OSよりも低コスト

組み込み用のOSなので、汎用OSよりも低価格で入手できます。さらに、ボリュームライセンスが不要なため、導入台数が少ないお客様も、ご利用いただきやすくなっています。

活用例

活用例イメージ

シンクライアント用途に

  • テレワークや持ち運び用途のPC
    SSDやUSBデバイスのアクセス制限をかけて、盗難/情報漏えいリスクに備えることができます。
  • 学校施設の学習用PC
    不特定多数の人が利用するPCとして、設定変更に対する利用制限をかけることができます。
Windows10Iot_Ex_use592x330_1_0.jpg

組み込み用途に

  • 小売店の管理用端末
    管理者、スタッフでアクセスを分けて実行したり、業務以外の操作を制限することができます。
  • 医療施設の端末
    USBのアクセス制限をすることで、重要な医療情報を外部に持ち出すことを防止できます。

通常のWindows 10との機能比較


OS種別 主たる用途 OSサポート期間※1 OSメジャー アップデート Microsoft Office
インストール

Windows 10 プレインストール アプリケーション

ロックダウン機能※4 購入条件 対象ベース 機種
Windows 10 Pro 全ての用途
18ヵ月※2
全機種
Windows 10 IoT
Enterprise LTSC
特定用途
10年
不可
一部無※3
CF-QV1RDAJS
CF-QV1RFAJS

※1 マイクロソフト社のリリース日から起算。本体の保証期間、提供期間、保守期間については一般商品に準じます。
※2 マイクロソフト社の各メジャーアップデート毎のリリース日から起算。
※3 Cortana、Microsoft Store等、各種UWPはプレインストールされておりません。
※4 Unified Write Filter、AppLocker、Shell Launcher、Assigned Access、Keybord Filter、Unbranded Boot、Custom Logon
※ Windows 10 IoT Enterprise LTSC の詳細についてはマイクロソフト社のウェブサイトを参照ください。詳細はこちら

Windows 10 IoT Enterprise プレインストールモデル

CF-QV1RFAJS

CF-QV1RFAJS 5月発売
(ワイヤレスWAN内蔵モデル)


  • Windows 10 IoT Enterprise LTSC 2021
  • インテル® Core™ i5-1145G7 プロセッサー 
  • 12.0型(3:2)WQXGA+
  • SSD:256GB
  • RAM:16GB
  • 質量:約0.979kg
  • 駆動時間:約11時間
  • 外形寸法:幅273.0mm×奥行209.2mm×高さ18.7mm(突起部除く)



CF-QV1RDAJS

CF-QV1RDAJS 5月発売


  • Windows 10 IoT Enterprise LTSC 2021
  • インテル® Core™ i5-1145G7 プロセッサー 
  • 12.0型(3:2)WQXGA+
  • SSD:256GB
  • RAM:16GB
  • 質量:約0.949kg
  • 駆動時間:約11時間
  • 外形寸法:幅273.0mm×奥行209.2mm×高さ18.7mm(突起部除く)

ご相談・お問い合わせ

法人向けPCご購入前相談窓口
ご購入相談、デモ機お貸出し、カタログ請求など
受付時間:9:30~12:00,13:00~17:30
(土日、祝日、年末年始、弊社所定の休日を除く)
パナソニックパソコンお客様ご相談センター
パソコンに関する操作方法、技術的なこと、不明点など
9:00~20:00 17:00(365日受付)
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
※発信者番号通知のご協力をお願いいたします。非通知に設定されている場合ははじめに「186」をダイヤルしてください。
※中古製品および発売日から5年を超えた製品に対する技術相談料は有料となります。(2016年11月から)