DG-ND400/ND400K


ファームウェア

リリースノート:nd400k_v610_a_rel.pdf


最新版:V6.10

ND400(K)_610J.zip(2018/11/27)約19.1MB

第26版:V6.00

ND400(K)_600J.zip(2018/7/26)約19.1MB


【重要なお知らせ】

  • Advanced Format対応のHDDを使用する際は必ずバージョンアップ(Ver3.20以上)が必要です。
  • バージョンアップについては、i-PROシステムバージョンアップツールを用いて実施してください。
    i-PROシステムバージョンアップツールはこちらよりダウンロードできます。
  • バージョン5.00(ND400(K)_500J.zip)で発生した問題はバージョン5.01(ND400(K)_501J.zip)にて修正しています。(2015/8/26)

注意事項

ファームウェアバージョンアップの注意事項について

  • バージョンアップについては取扱説明書「操作・設定編」の「ソフトウェアの更新を行なう」の項を参照願います。
  • バージョンアップ中の注意事項について
    ※バージョンアップ中は、レコーダーに接続したネットワークケーブルを抜かないでください。
    ※バージョンアップ中はレコーダーの電源を切らないようにご注意ください。
    ※RAIDに関する内容のバージョンアップを含む場合は、時間がかかります。(最大30分程度)
  • 増設ユニットWJ-HDE400と接続し、電源を起動するとHDE400のバージョンアップを自動的に開始します。(HDE400のバージョンV1.07⇒V1.20)
    バージョンアップ中はND400K本体の全面液晶パネルに「Don't turn off」と表示されます。
  • バージョンアップには15分程度かかります。バージョンアップ中は本体および増設ユニットの電源を切らない、もしくは本体/増設ユニット間のケーブルを外さないようにご注意ください。(増設ユニットが起動しなくなり基板交換が必要となります)
  • 本体の電源をOFFせずに増設ユニットの接続を行なうと、増設ユニットとの接続は行えますが自動バージョンアップが開始しません。増設ユニットを接続するときは必ず本体の電源をOFFにしてから行なってください。

<重要>

  • ファームウェアVer4.50及びVer4.59からのバージョンアップについて
    次の条件においてバージョンアップが稀に完了しない場合がございます。
    下記の条件の場合は<本手順書>に従い実施いただきますようにお願いします。
    ※ファームウェアバージョン4.50→4.59へバージョンアップ
    ※ファームウェアバージョン4.50/4.59→5.**以上へバージョンアップ
    ※V4.59とは「9M 全方位カメラ専用」ファームウェアです。現在は掲載しておりません。