写真:処分場のごみ
写真:処分場のごみ

Comtronic Communications社

セキュリティシステム
埋立地でのCCTVの使用は スタッフと資産の確保を越えたものになりました。

課題

埋立地は広い面積をカバーしながら、異なる種類の廃棄物を収集するため、それぞれセクションが分かれています。しばしば、車両登録が見つからず、瓦礫が間違った場所に廃棄されてしまいます。

解決策

料金管理のための車両番号の検出、処分場の監視、物流プロセスの簡素化のために監視カメラを設置しました。車両番号の登録ミスを防ぐために、車両番号と従業員を明確に識別できるようになりました。

アプリやウェブを使って、埋立地の映像監視にリモートでアクセスすることも可能です。このようなソリューションを利用することで、従来よりもフレキシブルに働くことができるようになります。

Comtronic Communications社 Jörg Kaufmann様
※所属は納入時のものです。

背景

埋立地にはたくさんのルールやプロセスがあります。

埋立地は広い面積をカバーしながら異なる種類の廃棄物を収集するため、それぞれセクションが分かれています。例えば、がれきはプラスチックや大型の廃棄物と同様に、割り当てられたエリアがあります。

しばしば、車両登録が見つからず、瓦礫が間違った場所に廃棄されてしまいます。

間違いを防ぎ、持込量を監視するため、車両の重量と一緒に車両登録を入口で取得する必要があります。

写真:作業用車両

導入理由

手頃な価格、高品質で信頼性の高いソリューション。

パナソニックは、コストを最適化し、ニーズに最適なカメラを手に入れることができる素晴らしいラインナップを持っています。固定カメラは、車両の検知や屋内外の監視に適しています。

固定ドームネットワークカメラは、360度の監視が可能で、広範囲のエリアを高精細の映像で見ることができ、画像の端まで高精細な画像が得られます。

複数の映像ストリームを介して、カメラはリアルタイム監視だけでなく、高解像度の録画映像を表示します。

写真:埋立地の車両

導入後の効果

Day/Night (白黒切替)機能を使用して、時間帯に関係なく最適な画像を提供してくれます。中央のポイントから現場全体を監視し、30fpsのフレームレートと移動するオブジェクトを自動追尾します。

埋立地ではコンテナをレンタルすることができます。パナソニックの映像監視カメラを使えば、コンテナの在庫を監視ができます。

在庫が少なくなるとカメラが警告を発し、コンテナの在庫がなくなる前に補充することができます。

写真:監視カメラから見た埋立地

関連機器・サービス

製品写真:WV-SW158E

監視カメラ WV-SW158(フルHDドームネットワークカメラ)


製品写真:WV-SW598

監視カメラ WV-SW598J