No.5
モバイルワークを定着させる方法とは

BYOD


2018/1/12


平素よりメールマガジンをご覧いただき誠にありがとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年は、会社に出社しないで業務を行う「テレワーク」が更に推進されていくと思われます。企業としては在宅勤務制度やサテライトオフィス等の新しい働き方を実現する仕組みの提供が急務となります。
しかし、仕組みだけを導入しても、社員のコミュニケーションやマネジメントの課題が発生し、定着しない場合があります。テレワークを実施するにあたり、「対象の業務範囲整理」・「リアルタイムなコミュニケーション方法」・「データの共有方法」を明確化して、社員が利用しやすい仕組みづくりが重要となってくると思います。

本メールマガジンの内容が、皆様の働き方改革のヒントとなれば幸いです。


目次

[1] 働き方改革のヒント「モバイルワークを定着させる方法とは」
[2] 製品紹介  CACHATTO認定アプリケーション「まるで社内  共用ドキュメントビューアー」
[3] 【広島開催】働き方改革セミナー開催のお知らせ
[4] あとがき


1 働き方改革のヒント  「モバイルワークを定着させる方法とは」

テレワークやモバイルワークを導入する際、社員にその目的や効果を理解してもらうことが重要です。弊社ではCACHATTOを全社のモバイルワーク用のツールとして展開しました。展開時に理解を得られるようにした工夫が、3点ありますのでご紹介します。

1.徹底した説明会展開

CACHATTO導入前は、携帯電話を利用したモバイルツールを利用していました。
CACHATTOの導入が単なるツールの入替と思われないよう、各拠点に出向き、外勤者の都合に合わせ複数回説明会を開催し、便利な使い方の紹介や操作訓練を実施しました。
現地に出向くことで、モバイルワークに対しての懸念や誤解を払拭をすることができました。

2.展開する範囲の検討

特にBYOD(個人端末の業務利用)の場合、労務管理の問題があり人事との調整が必要になります。よって、まずは勤務認定の問題がない管理職者限定とし、その後、一般社員の利用へと拡大していきました。
最初に上司となる管理職に便利さを理解してもらうことで、一般社員の利用申請がしやすい環境をつくることができました。

3.モバイルワーク利用者の事後フォロー

CACHATTOによるBYOD実施開始後、利用者に対して「私物端末の業務利用に必要な施策は何か」というアンケートを実施し、その要望に対応をしていきました。
特に要望の多かったものは下記3点でした。

  • 補助制度

個人のパケット負担を減らすため、一定条件でパケット補助制度を設け、月額の負担を軽くしました。

  • 社内Wi-fiスポット整備

会議室にポケットWi-fiを設置し、気軽にCACHATTOを利用できるようにしました。更にCACHATTOでプレゼンが簡単にできるよう、Miracast端末・AppleTVなどの無線画面転送機器を設置しました。順次会議室への導入を進めています。

  • バッテリー消耗対策

個人端末を業務利用すると通常よりバッテリー消耗が速いため、期間限定でCACHATTO利用者に、モバイルバッテリーを配布しました。
バッテリー対策とともに、モバイルワークを躊躇していた利用者の拡大にもつながりました。

モバイルワークを定着させるためには、利用前・利用後含め、利用者の声をしっかり聞き、それに対応していくことが大事だと思います。

2 製品紹介  CACHATTO認定アプリケーション「まるで社内」

働き方改革を実現するツールとしてCACHATTO認定アプリケーション「まるで社内」をご紹介します。今回はファイルを社外で簡単に共有できる「共用ドキュメントビューアー」をご紹介します。

<特徴>

  • グループで共有したいファイルを一人がアップロードすれば全員が閲覧可能
  • 端末に合わせた縦横比調整や、フォント埋込で見やすく画面表示
  • ファイルサイズを最小化し、使用する通信パケットを節約
  • 書庫に書類が保存されているようなインターフェイスで、直感的な利用が可能


セールスマニュアル等を共有し、外出先で参照したり、作業マニュアルを共有して現場で確認したりと、ファイルサーバー共有と比べ、社外で直感的に資料共有が可能になります。

  • CACHATTO認定アプリケーション「まるで社内」
  • リモートアクセスツール「CACHATTO」


製品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
ssg-ost-ml1@ml.jp.panasonic.com

3 【広島開催】働き方改革セミナー開催のお知らせ

パナソニックの働き方改革セミナーを広島で開催いたします。弊社のBYOD取組みもご紹介させていただきますので、是非ご参加ください。

【開催概要】

開催日時:2018年1月23日(火)15時00分-17時30分(受付:14時30分~)
会  場:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
中国社  大会議室
(広島県広島市中区八丁堀5番7号 広島KSビル)
主  催:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社

【講演内容】

  • 情報システム部門がリードする働き方改革の秘訣

講師:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
情報システム部 部長  稲田  貴久

  • 「場所にとらわれない働き方」と「セキュリティ」を両立する

-テレワーク環境に求められること-
講師:e-Jan ネットワークス株式会社
取締役営業部 部長  三井  智博 氏

  • 弊社労務管理の取組み

講師:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
九州社  人事課 課長  磯田  弥寿雄

【詳細・お申込】
終了しました

4 あとがき

モバイルワークを推進するにあたり、今回は利用者への展開手法に関して記載させていただきました。次回は、モバイルワークを加速するためのコンテンツに関して発信させていただく予定です。実際に弊社で作成した業務用コンテンツをご紹介いたします。

次回配信は2018年2月8日頃の予定です。
最後までご覧いただき、ありがとう御座いました。

「個人情報」と「メール配信」に関するご連絡

■ 配信元:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
関西社  ITサービス部
〒532-0003  大阪府大阪市淀川区宮原1-2-33
http://www.panasonic.com/jp/company/pssj.html

■ 本メールは、過去弊社主催の展示会「SOLUTION Japan」にご参加いただきました皆さまを対象に配信しております。

■ メールの配信停止および、配信先メールアドレスの変更をご希望される方はお手数ですが、下記連絡先までメールをお願いいたします。
また、ご感想やご意見に関しても下記連絡先までお願いいたします。

パナソニック  働き方改革情報メールマガジン事務局
野崎  隆之

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
受付時間9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)