No.3
利用者の負担にならないセキュリティ対策とは

BYOD


2017/11/13


平素よりメールマガジンをご覧いただき誠にありがとうございます。
働き方改革の一環として、企業内でのテレワーク推進が盛んになっております。
テレワークを成功させるには、「仕事内容の見直し」「働きやすい制度の改正」「社員の意識変革」の3つが重要といわれています。
特に社員の意識改革は大切で、テレワークが業務効率を下げる(面倒・非効率)という思い込みを無くしていく事が成功の近道となります。
本メールマガジンの内容が、皆様の働き方改革のヒントとなれば幸いです。


目次

[1] 働き方改革のヒント「利用者の負担にならないセキュリティ対策とは」
[2] 製品紹介 CACHATTO認定アプリケーション「まるで社内  写真アップローダー」
[3] あとがき


1 働き方改革のヒント  「利用者の負担にならないセキュリティ対策とは」

スマートデバイス(スマートフォン・タブレット)を利用して業務をする場合、社給端末利用・BYOD(個人端末の業務利用)いずれの場合も、利用者の負担にならない施策が必要です。
セキュリティを高めるために利便性を損なうと、モバイルワーク自体が負担となってしまい、利用率が伸びない事が多々あります。
ユーザーの負担を低減するポイントとしては、大きく2点あると思います。
それぞれ弊社の事例を紹介いたします。


1.端末管理方法の検討(MDM)

特にBYODで展開する場合に、端末への業務データ保存や紛失時のデータ漏えいを防ぐため、MDM(端末管理ツール)の導入が検討されます。MDMは端末内のアプリを制御し、紛失時にリモートワイプでデータを消去できます。しかし個人端末にMDMツールを導入することに抵抗感をもつユーザーが多いため、モバイルワーク促進の足かせとなる場合があります。弊社ではMDMを実施せず、セキュアブラウザである「CACHATTO」を利用することで、端末にデータを残さない運用を可能としました。

2.情報セキュリティルールの見直し

既に携帯電話や、スマートデバイスに関するルールがある場合、その変更がモバイルワーク利用促進に有効になる場合があります。弊社でも携帯電話へのネックストラップの強制化や、個人スマートデバイス業務利用禁止のルールがありました。
そこでBYOD展開のため、新しいセキュリティルールを策定しました。主なルールとしては下記の通りです。

  • 個人スマートデバイスの業務利用を「CACHATTO」に限り許可
  • 端末のネックストラップ任意化
  • ウイルス対策、リモートロックの任意化
  • 一人で複数の端末利用可(端末の共用は禁止)
  • 画面ロックの強制化


スマートデバイスで業務をするにあたり、緩和する部分と強化する部分を再度検討し、ルール化を進めました。情報セキュリティと利便性のバランスを考慮し、御社のセキュリティルールをご検討してはいかがでしょうか。

2 製品紹介  CACHATTO認定アプリケーション「まるで社内」

働き方改革を実現するツールとしてCACHATTO認定アプリケーション「まるで社内」をご紹介します。
今回は写真をセキュアにアップロードする「写真アップローダー」をご紹介します。

<特徴>

  • 端末にデータを残さずに、撮影写真を社内に送信できます。
  • 1度に5枚までの写真をスマートデバイスから社内に直接アップロード可能です
  • 撮影後、メールでURLが通知され、ブラウザから参照・印刷が可能です

ホワイトボードや現場写真を、端末に保存することなく撮影可能です。業務で写真を多く撮影する企業様に大変お勧めです。

  • CACHATTO認定アプリケーション「まるで社内」
  • リモートアクセスツール「CACHATTO」


製品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
ssg-ost-ml1@ml.jp.panasonic.com

3 あとがき

モバイルワークを推進するにあたり、社員の意識改革は非常に重要な取り組みとなります。次回は、弊社での社員へのBYOD啓蒙活動に関して、情報共有をさせていただきたいと思います。

次回配信は2017年12月7日頃の予定です。
最後までご覧いただき、ありがとう御座いました。

「個人情報」と「メール配信」に関するご連絡

■ 配信元:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
関西社  ITサービス部
〒532-0003  大阪府大阪市淀川区宮原1-2-33
http://www.panasonic.com/jp/company/pssj.html

■ 本メールは、過去弊社主催の展示会「SOLUTION Japan」にご参加いただきました皆さまを対象に配信しております。

■ メールの配信停止および、配信先メールアドレスの変更をご希望される方はお手数ですが、下記連絡先までメールをお願いいたします。
また、ご感想やご意見に関しても下記連絡先までお願いいたします。

パナソニック  働き方改革情報メールマガジン事務局
野崎  隆之

お問い合わせ

パナソニック システムお客様ご相談センター
受付時間9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)