活用シーン

配送見える化ソリューション

ドライバーのメリット

検品作業が簡単確実に行え、誤配送による再配達も減少します。

お問い合わせ

ドライバーの場合

導入前


導入前のドライーバーの場合

紙伝票だと、効率が悪い…。

無くならない、目視による検品作業。

無くならない、目視による検品作業。

無くならない、運転中の状況確認電話。

無くならない、運転中の状況確認電話。

無くならない、誤配送。

無くならない、誤配送。


導入後


導入後のドライバーの場合

作業が簡単になり、ミスも減った!

荷物バーコードを読み込むだけで簡単検品。

荷物バーコードを読み込むだけで簡単検品。荷物持出し/荷受人先での検品時間の短縮。

安全な運転を実現

運行管理者から配送進捗が見えるため、ドライバーへの電話が減る。安全な運転を実現

再配達が減少

荷物バーコードリードや GPSを活用した現在地証明による誤積誤配の防止。再配達が減少。

端末操作方法の詳細

配送スケジュール表示

配送スケジュール表示

当日の配達先を、配送ルートに基づいて確認できます。

配送指示

配送指示

持ち出し時の作業を指示します。
(車両検査、持ち出し確認)

アイテムリスト

アイテムリスト

持ち出し荷物のバーコードを、読み取りチェックすることで誤積みを削減します。

受け取り(電子サイン)

受け取り(電子サイン)

お客さま先で記入いただいた電子サインを、リアルタイムに営業所などで確認可能。

トラブルの報告

トラブルの報告

持荷物破損の状況などを、文章と画像でリアルタイムに報告可能。


その他のメリット

  • 運行管理者が「配送実績データ」をCSVファイルで抽出できるので、ドライバーによる業務日報の提出が不要になる。
  • 「トラブル報告機能」でトラブル発生時に荷物の状況や現場の写真を運行管理者に送付できるので緻密な連携が可能になる。
  • オペレーションが簡単。直感的な操作なので、主な機能はごく短時間の教育でドライバーが利用可能。
  • 電子サインと配送計画表示機能で、紙の配送伝票や配送計画書の削減が可能になる。

サプライチェーンを支える人たちへのメリット

荷主/運行管理者の場合

荷主/運行管理者の場合

問い合わせ品質の向上
配送プロセス全体の見える化で、配送業務全般を計画的に運営。

荷受人の場合

荷受人の場合

本来の業務に専念できる
誤配・誤集荷のリカバリーなど、ムダな作業に追われることがなくなります。


ご相談・お問い合わせ

配送見える化ソリューションお問い合わせ窓口
ご購入相談、デモ機お貸出し、カタログ請求など
受付時間:9:30~12:00,13:00~17:30
(土日、祝日、年末年始、弊社所定の休日を除く)