異音検知

異音検知

音響・診断分析技術とディープラーニングを融合し、音で設備異常や故障予兆を診断する技術です。

音響・診断分析技術とディープラーニングを融合し、音で設備異常や故障予兆を診断する技術です。人が音を聞いて正常か異常かを判断する場合は、判断基準があいまいでバラツキが発生するケースや、熟練の技が必要になるなどの課題があります。異音検知により人手によらない定量的な分析が可能となります。


活用例

プラント・電力向けに設備機器の異音を監視

プラント・電力向けに設備機器の異音を監視

  • 故障診断ノウハウの定量化
  • 故障発生の早期発見
  • 予兆検知による計画的な保守
工場向けの製品検査に適用し検査精度向上

工場向けの製品検査に適用し検査精度向上

  • 熟練工の知識・経験をデジタル化し作業品質の高位平準化
  • データを蓄積し品質改善に活用

特徴

  • 異常データの蓄積が困難な現場に適したアルゴリズムにより、正常音のみで判定モデルを作成可能、また、予期しない異常も検出可能
  • 独自のノイズ抑圧技術を用いて不要な外乱音を除去するため、騒音下でも監視が可能
  • 非接触で検査するため設置が容易

仕組み

監視対象物が発する音をマイクで集音し、その対象物の音の特徴をディープラーニングを使い分析し、正常か異常かの判断を行います。


入力

入力

ターゲットの特徴

ターゲットの特徴

機能選択

機能選択

判定/予兆検知

判定/予兆検知